「吾唯足知」な日々


【吾唯足知】とは…『自らを高めるための弛まぬ努力を続けることは大事なこと、そして志半ばでも自らを振り返って成したことに対し満足するゆとりの心を持つことも大事なこと』…と自己解釈。
本来の意味では…『足ることを知る者は貧しいといえども富めり、足ることを知らない者は富めりといえども貧し』…という仏教の真髄かつ茶道の精神を表現した言葉。

ポツポツと綴る、福井在住・Takeuchiによる日常の「ひとりごと」(画像・座右の銘&Blogタイトル由来の龍安寺「知足の蹲踞」)
by Takeuchi
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
最新の記事
画像一覧
記事ランキング
Profile &Blogリンク
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ブログジャンル
初オイル交換ついでに、、、308CC編
ちょっと遅い最初の到達点を踏んだこともあって、プジョー福井へ初のオイル交換に行きました。
d0079440_20374496.jpg

同時に、任意保険会社の変更をするために契約を行った次第。
福井では、アウディとVWは共にあおい商事が扱っているため、A4からGT TSIに乗り換えた時には異動だけで済みました。
プジョーはシトロエンとともに福井ヤナセ中央なので、取り扱う損害保険会社も変更したのです。



担当I氏から、「ちょっと工場が混んでいて時間がかかるので、オイル交換の間に試乗ならぬモニターとして1時間ほど何か乗っていただけませんか?」と仰っていただけました。
前回はRCZに試乗したので、今回も買えない車に乗りたいと思い、308CC Premiumを選択した次第です。
d0079440_218769.jpg


【早速、福井市郊外~坂井市へ!207よりも広い全幅(1820mm)をあまり感じなかったのは、時々先代ムラーノ(1880mm)を運転しているからだと思われ】
d0079440_2185496.jpg

d0079440_219723.jpg

【308CCをじっくり観察したいために訪れたのが、坂井市にある福井県総合グリーンセンターの駐車場】
d0079440_21135382.jpg

【様々な角度から、撮ってみました】
d0079440_21145032.jpg

d0079440_2115106.jpg

d0079440_21152464.jpg

d0079440_211543100.jpg

金沢輸入車ショウの時にも感じたんですが、308CCのディフューザー・デザインは惚れ惚れする出来だと思います。

【トランクを開けてみると、クーペ状態ではボディ形状から考えると、それなりに荷物も入れそうに思います】
d0079440_21201799.jpg

d0079440_21203259.jpg

【エンジンはRCZや3008などと同じ1600ccターボチャージャーの156ps、24.5kg・m】
d0079440_21264335.jpg

【ボンネットを支えるバー、開けてない時はボンネット側に固定されているんですね…】
d0079440_21274993.jpg

【タイヤは、コンチネンタルの225/45 R17】
d0079440_21292170.jpg

【インテリアは、RCZほどでは無いにしろ、以前のプジョーを知っている者としては凄く造り込みをしていると感じます】
d0079440_2131867.jpg

【字間が開き気味の「P E U G E O T」シルプレートと、レザーシートに装着されているシートポジションスイッチ&シートポジションメモリ&シートヒータースイッチ】
d0079440_21341011.jpg

【コクピットを撮ってみました。微妙にRCZとの違いが見受けられます】
d0079440_2137158.jpg

d0079440_21373030.jpg

d0079440_21374319.jpg

【サイドブレーキの横後方にある、サイドウインドウ全開スイッチ?とオープン&クローズスイッチで、クーペ⇔カブリオレの作業をします。前方にある2つのダイヤルは、フロントシートのヴェント(湿気取り)スイッチ】
d0079440_21404711.jpg

写真を撮り忘れたんですが、、、206CCのように天井とAピラー付近を留めるレバーは無いんですね…。

【こんな感じで、屋根がトランクに格納されます】
d0079440_21424643.jpg

d0079440_2143951.jpg

【トランクに屋根が収まっている様子】
d0079440_21441536.jpg

【最後に、サイドウィンドウが全閉してカブリオレ化完了!約20秒のことです】
d0079440_21472238.jpg

d0079440_21475793.jpg

d0079440_21481846.jpg

d0079440_21484137.jpg

【カブリオレの状態で、インテリアの様子を撮りました。これを魅せつけて走るのは、快感ですね~】
d0079440_21502228.jpg

d0079440_2150454.jpg

d0079440_2151160.jpg

【クーペの状態では全く気付かなかったんですが、、、エアコン送風口がセンターコンソール後方にあって、後席の2人にも配慮がなされているんですね】
d0079440_2153243.jpg

【ちなみに、カブリオレ状態でトランクを開けてみると…】
d0079440_2154096.jpg

【暫くの間、青空の下をカブリオレでドライブを楽しみました!但し、寒すぎてすぐにクーペに戻しちゃいましたけど…】
d0079440_2155523.jpg

先日試乗したRCZには、何故アウディTTのようにオープングレードが設定されなかったんだろう~と思っていました。
その答えは、「308CCがあるから」だと個人的に感じました。
共に308HBをベースとしたモデルなれど、造り込みがドイツ車並に素晴らしい!
エレガントに乗りこなすに相応しい装いが成されています。
最新のアイシン製6速AT「6AT」、以前の4速AT「AL4」と比べると非常に滑らかな印象が好感を持ちました(この「6AT」の設計者は福井県在住のプジョーオーナーとのこと)。
ただ、MT車原理主義者としては、、、206CCより重い308CCを6MTを操って運転するともっと楽しいのではないかと思ったりします…。

ともかく、この季節としては貴重な晴天の下、308CCを1時間にわたってモニター貸与する機会をいただけて感謝感激です!
プジョーは、乗って運転してこそ本当の良さを知ることができるメーカーだと、改めて感じた次第です。

続きます。。。
[PR]
by chiketa_net | 2010-12-19 19:50 | プジョー & シトロエン
<< 初オイル交換ついでに、、、パー... ちょっと遅い到達点 >>