「吾唯足知」な日々


【吾唯足知】とは…『自らを高めるための弛まぬ努力を続けることは大事なこと、そして志半ばでも自らを振り返って成したことに対し満足するゆとりの心を持つことも大事なこと』…と自己解釈。
本来の意味では…『足ることを知る者は貧しいといえども富めり、足ることを知らない者は富めりといえども貧し』…という仏教の真髄かつ茶道の精神を表現した言葉。

ポツポツと綴る、福井在住・Takeuchiによる日常の「ひとりごと」(画像・座右の銘&Blogタイトル由来の龍安寺「知足の蹲踞」)
by Takeuchi
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
最新の記事
画像一覧
記事ランキング
Profile &Blogリンク
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ブログジャンル
東濃で湯治&鰻、名古屋で宮参り&きしめん
連日の除雪と雪山崩しで、相変わらず心身共に疲労困憊です。
こんな時には、温泉に入るために207SWGTiでぶら~りしたいと思わざるを得ない自分がいます。
ということで、計画を立てた上で両親に「明後日温泉に行くよ」と言ったら、、、「一緒に行くし、車も出す」と言われてしまった…。
結局、私が立てた計画通りのルートは絶対に崩さないことを条件に、ムラーノでぶら~り。
親孝行のつもりで出かけることになりました。

【福井県の田畑は、まだまだ雪景色です…】
d0079440_21475689.jpg




【しかし、名神高速~中央道は先週末の雪なんて全くありませんでした】
d0079440_21494537.jpg

【恵那ICで降りて、以前通った景色をなぞって山奥へと進みます】
d0079440_21504933.jpg

d0079440_2151441.jpg

d0079440_21511893.jpg

【いくつかの温泉看板を通り過ぎて、第1の目的地・昨年8月以来の『ラジウム東山温泉 観音の湯』に到着です!】
d0079440_2154398.jpg

d0079440_21551416.jpg

【時節柄、御雛様が鎮座してありました。渋い箪笥の上に飾られている様子が、とても似合っているように感じた次第】
d0079440_21571152.jpg

前回は平日に訪れたので、湯船は独占状態でした。
さすがに今回は週末なので、何人かのお客さんとともに入浴です。
相変わらず気持ち良い温泉で、身も心も落ち着くことができますし、怪我した右足を含めた湯治をも兼ねています。
他のお客さんとお話しをすると、手術を受けた後だったり病気を患って長かったりしている方々でした。
でも、そんな事を明るく笑いながら話す姿を見て、前向きな気持ちを抱くことが大事なんだなぁ~と感じた次第です。

【東山温泉を後にします。木曽川に架かる恵那峡大橋の下を見ると、遊覧船が航行していました】
d0079440_2224625.jpg

d0079440_223017.jpg

【一路、R19を名古屋方面へと向かいます】
d0079440_2233355.jpg

d0079440_2241335.jpg

【多治見市は鰻どころ。ということで、第2の目的地・鰻料理店『老鰻亭 魚関』に到着したんだが、、、店舗改装中で営業してませんでした…】
d0079440_2273717.jpg

d0079440_2275395.jpg

改装中の店舗によく見ると、「夢想庵で営業中」と記されている。
夢想庵って、何処?
ここまで来たら諦める訳にはいかないので、一番近いコンビニエンスストアで電話帳を見せてもらい、電話番号をナビに打ち込んで場所を把握することができました。

【多治見市街を望める山の道を上り、本当にこの先にあるの?と思える道の先に店舗がありました】
d0079440_2213751.jpg

d0079440_22132272.jpg

【『魚関』が鰻料理店とは別に作った、完全予約制日本料理店『虎渓山 夢想庵』です!】
d0079440_22152829.jpg

【『夢想庵』は日本伝統家屋を店舗としていて、1日一組限定の結婚式場としても利用されるとあって、家屋の内外に見所満載でした】
d0079440_22172294.jpg

d0079440_22174916.jpg

d0079440_2218249.jpg

d0079440_22181873.jpg

d0079440_22184719.jpg

【私と母親は「うな丼(上・2100円)と「きも吸(200円)」を、父親は「長焼きご飯(2300円)」を注文。そして、「うまき(ハーフ・1600円)」も注文】
d0079440_22272380.jpg

d0079440_23521945.jpg

d0079440_22284319.jpg

完全予約制のお店なので、本当は縁の無い場所です。
『魚関』が店舗改装中だったからこそ、訪れることができたと言っても過言では無いでしょう。
私たちを含めて大半のお客さんは鰻料理が目当てで『夢想庵』を訪れていましたが、私たちの隣のテーブルに着いたお客さんは予約客で、日本料理のコースを召し上がってました。

ともかく、予想外のお店で目的の鰻丼に舌鼓を打つことができました。
ほんのちょっと甘みのある(と感じた)蒲焼は、どんどん口の中に入っていく旨さ!
多治見まで来て良かったと思う反面、今度は改装なった『魚関』で食したいです。

この後、私がムラーノを運転したため、さすがに同乗者がいる中で写真は撮れませんでした…。
2年前と同様、r15「愛岐道路」を経由して向かった先が…

【第3の目的地・昨年4月以来の再訪である、日進市にある「クルマの本屋」高原書店に到着】
d0079440_22482347.jpg

ここで、プジョー207のヘインズサービス&リペアマニュアルを購入するつもりでしたが、、、現在の高原書店は店内の棚位置変更をしているため、以前ヘインズがあった棚は空っぽでした…。
ヘインズは違う方法で手に入れることとし、せっかく訪れたので、別の書籍を買いました。
何を買ったかは、内緒。

【再び私が運転し、最後の目的地・熱田神宮4年ぶりに訪れました!】
d0079440_2352473.jpg

何故、熱田神宮を訪れたかというと、、、先月伊勢・志摩を訪れた際に、伊勢神宮参拝ができなかった代わりに参りたいな~と考えていた場所が熱田神宮だったからです…。

【「熱田の杜」に包まれた参道を進みます】
d0079440_23111280.jpg

d0079440_23114989.jpg

【三の鳥居手前左右にある瓦が塗り込められた古い土塀が、日本三大土塀のひとつ・信長塀(あとの2つは西宮神社の大練塀と三十三間堂の太閤塀)。桶狭間出陣の際に熱田神宮で必勝祈願をし、勝ち戦となった御礼で奉納した築地塀】
d0079440_23185552.jpg

d0079440_23193284.jpg

d0079440_23201783.jpg

【授与所がえらい綺麗になったな~と思ったら、一昨年に新しく造営したものでした】
d0079440_2322975.jpg

【本宮に到着、参拝しました】
d0079440_23263751.jpg

本宮にある社殿は、伊勢神宮とほぼ同様の社殿配置・規模の神明造り。
それが、今回伊勢神宮の代わりに熱田神宮を参拝した理由でもあります。
何を参拝したか、、、今回は単純に「無病息災」です。
昨年は怪我とその後遺症で悩まされた1年でしたからね…。

【弘法大師お手植えと伝わる「大楠」。とにかくデカく、生命力を感じます。「熱田の杜」では、クスノキの木があちこち見られます】
d0079440_23301485.jpg

【休憩所の方から、おいしそうな匂いが…。思わず、宮きしめん神宮店で「宮きしめん(600円)」を食べちゃいました】
d0079440_23351331.jpg

d0079440_23355229.jpg

【熱田神宮を後にし、名古屋高速から一宮IC経由で福井へ帰りました】
d0079440_2338277.jpg

d0079440_23384370.jpg

d0079440_2341999.jpg

ひとり気楽でぶら~り、、、とはいかなかったですが、まる1日楽しむことができました。
今回の旅程は再訪するところが多かったので、ほとんど迷うことなくスムーズなドライブばかり。
ちょっとしたハプニングはあったものの、大満足な旅程となりましたね。
欲を言えば、やはり207SWGTiを走らせたかったなという気持ちがあります。
今度計画を立てた時こそは、自分の車でぶら~り楽しもうと考えています。。。
[PR]
by chiketa_net | 2011-02-20 21:47 | お出かけでぶら~り
<< “MUSICMAN” Perf... 2011金沢輸入車ショウはエコの鏑矢 >>