「吾唯足知」な日々


【吾唯足知】とは…『自らを高めるための弛まぬ努力を続けることは大事なこと、そして志半ばでも自らを振り返って成したことに対し満足するゆとりの心を持つことも大事なこと』…と自己解釈。
本来の意味では…『足ることを知る者は貧しいといえども富めり、足ることを知らない者は富めりといえども貧し』…という仏教の真髄かつ茶道の精神を表現した言葉。

ポツポツと綴る、福井在住・Takeuchiによる日常の「ひとりごと」(画像・座右の銘&Blogタイトル由来の龍安寺「知足の蹲踞」)
by Takeuchi
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
最新の記事
画像一覧
記事ランキング
Profile &Blogリンク
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ブログジャンル
10,000㎞到達オイル交換&207CC試乗編
実は、休日出勤だった12日に、通勤途中で207SWGTiのオドメータが【10000㎞】に到達しました。
d0079440_2083573.jpg




ということで、オイル交換をするため、一ヶ月ぶりプジョー福井へ。
d0079440_20122443.jpg

オイル交換の作業時間がちょっとかかるということで、前回と同様にモニター試乗を勧められました。
自分が所有していない車に試乗するのは、相変わらず大好きです。
40分ほど自由に運転OKということで、提示された選択肢の中から私が今回選んだのは、、、
d0079440_2022437.jpg

目の前の外に飾ってあった、207CC Premiumでした!

久しぶりに暖かい青空ということで、今回もCC試乗といっても207CCは未乗だったので選んだ次第です。

【展示スペースから移動してもらって、モニター試乗として出発です!】
d0079440_2027482.jpg

d0079440_2028375.jpg

【ちょっと走ったところで、やっぱりカブリオレにしたくなったので路駐。サイドウインドウ全開スイッチ?とオープン&クローズスイッチで、クーペ⇔カブリオレの作業をしようとしたら、オープン作動が始まらない…】
d0079440_20545331.jpg

【もしかして、、、と、206CCの経験を活かしてトランクを開けてみたら、シートが架かってませんでした…。シートを架けて、カブリオレへ変態させました】
d0079440_20571723.jpg

d0079440_20574923.jpg

【花粉症デビュー危機の恐怖を忘れて、オープン走行。青空の下のオープンは、何よりも爽快!】
d0079440_210525.jpg

d0079440_2113938.jpg

【足羽川沿いを走って向かった先は、、、】
d0079440_2124555.jpg

d0079440_2133668.jpg

10か月ぶりに再訪した、『一乗谷あさくら水の駅』です】
d0079440_2185549.jpg

【ちょうど、JR越美北線が通過していきました】
d0079440_2110640.jpg

【インテリアは、ほぼ2シーター。後席は、エマージェンシーというよりは、、、私の中の位置づけは「前席のためのリクライニング・スペース」】
d0079440_21124887.jpg

d0079440_2113287.jpg

d0079440_2114642.jpg

【マニュアルモード付の4速AT、「AL4」。やっぱり、308に搭載の6速AT「AT6」が搭載していれば、、、と思ったりします】
d0079440_21205219.jpg

【エンジンは、SWGTiと同じ1600ccだがノン・ターボチャージャーで、スペックは120ps、16.3kg・m。しかし、そんな数字なんて意味が無い快走を実現してくれます】
d0079440_2124518.jpg

【カブリオレ状態を、前から、横から、後から】
d0079440_2126769.jpg

d0079440_21264396.jpg

d0079440_21281383.jpg

【MC後のフロントデザイン、特にフォグランプの処理はちょっと羨ましい…】
d0079440_2130811.jpg

【サイドモールにメッキのアクセントが付いたのは、、、欲しいようないらないような…】
d0079440_21315446.jpg

【308CCには無かった、この辺のデザイン処理は惚れてしまう…】
d0079440_21335733.jpg

【タイヤは、ミシュランの195/55R16。実のところ、この16インチタイヤ&GTi仕様ではないノーマルサスペンションの乗り味を、207SWGTiに移植したい!と思うほど快感でした】
d0079440_21371010.jpg

【カブリオレから、クーペへ】
d0079440_21391945.jpg

d0079440_21395152.jpg

d0079440_21402415.jpg

d0079440_2141658.jpg

【クーペ状態を、後から、斜め後ろから、横から、斜め前から】
d0079440_2145045.jpg

d0079440_2145433.jpg

d0079440_2147259.jpg

d0079440_21474267.jpg

このエクステリアデザインを見る度に、、、207CCは206CCの「正当な後継車」だと思えます。
まさに、プジョーデザインだと一目で分かる見事さだと感心しきり。

【クーペから、カブリオレへ】
d0079440_2150925.jpg

d0079440_21504049.jpg

d0079440_21511095.jpg

d0079440_21515669.jpg

【『一乗谷あさくら水の駅』を後にして、プジョー福井へ戻ります】
d0079440_2154176.jpg

d0079440_21545449.jpg

d0079440_2156996.jpg

【モニター試乗を終えた後は、、、元の展示スペースに落ち着きました…】
d0079440_2158338.jpg

モニターした感想は、、、「オープンカーは、軽快に限る!
307CCは、豪華で大きいのが魅力です。
が、206CCの軽快さを知る身としては、207CCの軽快な運動性能が懐かしく感じました。
運転していて、これが本当に楽しい!
MT回帰のために207SWGTiのオーナーとなりましたが、207CCGTのオーナーになるべきだったのかもって思ってしまった!!
車幅が3ナンバー化したのが、かえって206CCよりも安定を増したように感じます。
クーペ・カブリオレ故に、剛性はしっかりしていますので、こんな楽しい乗り物は他に中々見つかりませんね。
その代わり、実用性はSWと比べるとかなりスポイルされてしまうけどね…。

207CCと308CCが共通なのは、やはり「乗って運転してこそ本当の良さを知ることができるメーカー」であることです。
惜しむらくは、マニュアル・トランスミッションを操って運転したいという願望ですね~。
あと、MC前の207には無い、車線変更時に便利な『ウインカー3回点滅機能』を是非とも207SWGTiに取り付けたいなぁ~と担当I氏に頼んだところ、「コンピュータが絡んでいるので、直接コラムを移植したりすることができないんですが、、、一度探ってみます」とのことなので、秘かに期待しているところです。

続きます。。。
[PR]
by chiketa_net | 2011-03-13 20:40 | プジョー & シトロエン
<< 10,000㎞到達オイル交換&... 東北地方太平洋沖地震 >>