「吾唯足知」な日々


【吾唯足知】とは…『自らを高めるための弛まぬ努力を続けることは大事なこと、そして志半ばでも自らを振り返って成したことに対し満足するゆとりの心を持つことも大事なこと』…と自己解釈。
本来の意味では…『足ることを知る者は貧しいといえども富めり、足ることを知らない者は富めりといえども貧し』…という仏教の真髄かつ茶道の精神を表現した言葉。

ポツポツと綴る、福井在住・Takeuchiによる日常の「ひとりごと」(画像・座右の銘&Blogタイトル由来の龍安寺「知足の蹲踞」)
by Takeuchi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
最新の記事
画像一覧
記事ランキング
Profile &Blogリンク
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ブログジャンル
秘湯・鳩ヶ湯温泉
一昨日の日曜日は出勤、もちろん昨日も出勤だが、、、汗かきシャツをそのまま着ていて倒れそうになった次第…。
シャツ着替えて落ち着くまでに考えていたのは、、、「温泉行って寝っ転がりたい!
代休日が平日ということで高速道路などで遠くには行けないこともあって、近場でヒッソリゆっくりできそうな温泉ということで、秘湯を目指して207SWGTiを走らせました。

【R158を東へ。大野市勝原でr173(県道173号上小池勝原線)に進みます】
d0079440_17595528.jpg




【今年はかつてないほど開花が遅かった勝原の花桃でしたが、、、さすがにもう終わっちゃいました…】
d0079440_1833249.jpg

【すぐに九頭竜川を渡ります】
d0079440_1861623.jpg

【北陸電力・西勝原第一水力発電所を眼下に見ます】
d0079440_1882213.jpg

ここから先の大半は全線舗装道ながらも道幅一車線の「険道」なのだが、大型車と時折すれ違っていたので、あと3㎞の看板までは安全のため停まっての撮影はしませんでした。
4年半前の紅葉風景を参考にしてください。

【あと3㎞の看板を過ぎます】
d0079440_18315838.jpg

【工事中で、一時停止…。車幅が狭いため、207SWGTiをバックしたりして、対向の大型車に3回も道を譲ることになりました】
d0079440_18361880.jpg

【新緑に包まれた打波川の向こうに見える、残雪の三ノ峰が美しい!】
d0079440_18383931.jpg

【4年半ぶりの、鳩ヶ湯温泉に到着です!】
d0079440_18435145.jpg

d0079440_20332077.jpg

d0079440_18473088.jpg

【入浴だけ(500円)だったら、駐車場側の出入口から入館ですが、、、入浴だけでなくゆったりしたかったので、休憩(入浴含めて3時間・1000円)を選択したので、玄関から入館します】
d0079440_18512899.jpg

d0079440_18531529.jpg

d0079440_1854354.jpg

【鳩ヶ湯は、日本秘湯を守る会の会員宿です】
d0079440_18563416.jpg

【階段を上がって、大広間に通されました。他にお客はいないので、独り占め~!】
d0079440_19020100.jpg

d0079440_190531.jpg

d0079440_1914760.jpg

d0079440_2195881.jpg

【でも、隅っこに陣取りました…。窓から見る三ノ峰が素晴らしい】
d0079440_1934384.jpg

d0079440_194182.jpg

d0079440_194487.jpg

【大広間の座敷と窓の間に、縁側とおぼしきスペースが。防腐とともに化粧を兼ねている、朱色の柱や床の「弁柄塗り」の建物って、最近あまり見かけないなぁ~と思った次第】
d0079440_19135820.jpg

【しっかりと手入れされたお庭がありました】
d0079440_19164778.jpg

【お庭を見ながら、ここから浴場へ。しかし、一旦左手にある入浴(だけ)入口からの階段を下りて、ある注文を…】
d0079440_1918264.jpg

d0079440_19192816.jpg

d0079440_19205991.jpg

【入浴客入口から入って階段を上がると、この洗面所があります。場所柄、山小屋風です】
d0079440_19224844.jpg

【改めて、浴場へ。ここは、階段を下るのではなく上って行くと、、、突き当たり手前が女湯、奥が男湯】
d0079440_19254466.jpg

d0079440_19261158.jpg

【脱衣場。私の他には誰もお客がいないので、浴槽を撮影。一度に3~4人ほどでいっぱいの浴槽でした】
d0079440_19283062.jpg

d0079440_1929836.jpg

【鳩ヶ湯は25℃の『冷鉱泉』で、温めて浴槽に入れています。泉質はナトリウム炭酸水素塩泉は飲用も可能だったので飲んでみました。チョイ塩辛く、少し泡っぽい感じ…】
d0079440_1934525.jpg

【浴槽の窓からも、三ノ峰がきれいに見えて満足満足!】
d0079440_19362251.jpg

鳩ヶ湯の効能は、、、切り傷・やけど・あせも・水虫・冷え性・神経痛・リュウマチ・慢性皮膚病・虚弱児童・慢性婦人病・筋肉痛・慢性消化器病・etc…。
大半が、今の私にピッタリの効能だったものだから、じっくりゆっくり浸かってました。
浴槽から上がると、肌がスベスベ。
皮膚系に効くこともあって、肌に優しい温泉と言えますね。

【大広間に戻ります。入浴だけのお客はここからは立ち入りできず、駐車場へ向けて階段を下りることになります】
d0079440_19482250.jpg

【ひとっ風呂浴びているうちに、三ノ峰の頂は雲に隠れてしまいました。これ以降、一度もてっぺんを見ることはできませんでした】
d0079440_1950719.jpg

独り占め状態の大広間で、しばしうたた寝をしました。
聞こえてくるのは、川の流れる音のみ。
風呂上りに、気持ち良く休養を取ることができました。

【入浴前に注文した「おろしそば(550円)」を2枚が、お願いした正午チョイ前にやってきました!4年半前には売り切れていた名物を昼食に。福井グルメカテゴリで紹介している腕自慢の蕎麦店とは違い、一軒宿の手打ちおろしそば。素朴な美味しさで、あっという間に食べ尽くしてしまいました!】
d0079440_19591791.jpg

【ちょっと、宿内を探検です。3階への階段は、宿泊客用のお部屋があるのでしょう】
d0079440_2011099.jpg

【玄関へと、階段を下りてみます。玄関真正面には、憩いの場らしき部屋もあります。登山シーズンだと、宿泊客がここでくつろぐんでしょうね】
d0079440_2024434.jpg

d0079440_2033610.jpg

【「電話室」には、公衆電話があります。ちなみに、携帯電話は圏外となっていました…】
d0079440_2052698.jpg

【電話室の横から、駐車場に面した縁側に出てみました。白山登山口とあって、登山届のボックスもあります】
d0079440_2082763.jpg

d0079440_209381.jpg

d0079440_2093434.jpg

【大広間に戻って、しばし新緑に包まれた風景をボーッと見て過ごすことが、贅沢に思える…】
d0079440_2012279.jpg

この後、二度目の入浴に行って、更に温泉を堪能し尽くしました。

【入館から2時間半後、休憩代とおろしそば代を支払って帰宅することにしました】
d0079440_20152038.jpg

d0079440_2016030.jpg

【ちょっとだけ、外を散策です。鳩ヶ湯は白山国立公園の入口であり、福井県白山登山路の起点でもあります】
d0079440_20181494.jpg

d0079440_20185589.jpg

【谷戸橋を渡ります。橋を渡った先は積雪のため5月末まで通行止です】
d0079440_202129100.jpg

【谷戸橋から見える、砂防堰堤。「鳩ヶ湯から聞こえるのは川の流れる音のみ」は、ここから聞こえるのです】
d0079440_2024497.jpg

【通行止のゲート直前にあるのが、白山登山道への階段】
d0079440_2026976.jpg

【鳩ヶ湯の駐車場へ戻ります。駐車場には市営バスの停留所がありますが、朝の上下線1本以外の3本は電話で予約しておかなければバスは来ません。宿の電話室で予約の電話をする必要があるのです…】
d0079440_2028185.jpg

d0079440_20292228.jpg

【鳩ヶ湯を後にします】
d0079440_20313443.jpg

d0079440_2034299.jpg

【r173を、打波川とともに下って行きます。午後からはすれ違う車も少ないと予想して、打波川の風景を撮りながら走りました】
d0079440_2037042.jpg

d0079440_2037297.jpg

d0079440_2038241.jpg

d0079440_20383698.jpg

d0079440_20394363.jpg

【残雪が見える山は、日本百名山・荒島岳です】
d0079440_20405510.jpg

d0079440_20423540.jpg

【勝原まで戻ってきました】
d0079440_20434235.jpg

d0079440_20444195.jpg

d0079440_20452477.jpg

【R158の三叉路に到着、そのまま福井市の自宅へと帰りました】
d0079440_20463188.jpg

秘湯だからと訪れた訳ではありませんが、静かな環境でくつろぐことができて、良きリフレッシュとなりました。
鳩ヶ湯温泉の宿は、平日の日帰り入浴は午前10時~午後2時のみの営業時間なんですが、私にとってはこれで十分!
温泉を存分に堪能して、おろしそばを食べて、新緑の景色で気持ちが洗われて、誰もいない大広間で気兼ねなくうたた寝ができて。
夏休み期間でない平日には中々お休みを取ることができない今年度ですが、また機会があったら鳩ヶ湯でリフレッシュしたいですね。
とても有意義な代休にすることができて、大満足の一日となりました!
[PR]
by chiketa_net | 2011-05-24 17:54 | 福井県
<< 「福井城下図集」 急速充電器 >>