「吾唯足知」な日々


【吾唯足知】とは…『自らを高めるための弛まぬ努力を続けることは大事なこと、そして志半ばでも自らを振り返って成したことに対し満足するゆとりの心を持つことも大事なこと』…と自己解釈。
本来の意味では…『足ることを知る者は貧しいといえども富めり、足ることを知らない者は富めりといえども貧し』…という仏教の真髄かつ茶道の精神を表現した言葉。

ポツポツと綴る、福井在住・Takeuchiによる日常の「ひとりごと」(画像・座右の銘&Blogタイトル由来の龍安寺「知足の蹲踞」)
by Takeuchi
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
最新の記事
画像一覧
記事ランキング
Profile &Blogリンク
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ブログジャンル
大治療その1・燃料ポンプ交換
d0079440_1941882.jpg

A4(黄)納車以来の、最も懸念していた燃料ポンプ交換を今年中に行いたいと考えていたところに、走行中の水温計と油温計の針が上がらないという症状が出てきました。
それでいて、停車中のアイドリング状態だと水温計と油温計が通常状態まで針が上がり、運転し始めるとまた下がる…。
シュポルトDr.higamax店長の診断では、「間違いなくサーモスタット」とのこと、思い切ってサーモスタット交換のタイミングで燃料ポンプ交換も行うことにしました。

ついでに、というには大掛かりですが、、、A4(銀)でも施していたパーツと、手軽にできるパーツもオーダーいたしました。

あらかじめお休みを取った上で、平日のシュポルトへ。
d0079440_1921342.jpg




先ずは、モディファイ・パーツの方を取付です。
d0079440_19244231.jpg

SAMCO ターボホースを装着、もちろんレッドを手配してもらいました。
d0079440_19255640.jpg

エンジンルームから見た、純正のターボホース。
d0079440_19273374.jpg

ターボホースを外して、、、
d0079440_19271483.jpg

一ヶ所目を装着。
d0079440_19281046.jpg

インタークーラーに繋がれているターボホースを外し始めると、、、オイルが侵入していました…。
d0079440_1929586.jpg

完全に外した状態です。
d0079440_1931968.jpg

そして、装着した状態。
d0079440_1932494.jpg

d0079440_19375889.jpg

同じく、タービンに繋がれているターボホースを外した状態。
d0079440_19391012.jpg

奥に、あまり姿を拝むことができないターボタービンが見えます。
d0079440_1940862.jpg

ここにも、ターボホースを装着です。
d0079440_19434680.jpg

d0079440_19431812.jpg

次に、今回の治療のメインである燃料ポンプ交換です。
d0079440_1944855.jpg

恥ずかしながら、、、燃料ポンプって、こんな作業になるとは知りませんでした…。
d0079440_19585091.jpg

取り外された、これまでの燃料ポンプ。
写真では分かりにくいですが、、、右下に写っている吸入口は真っ黒状態!
d0079440_2002053.jpg

そして、新品の燃料ポンプを装着です。
d0079440_2005417.jpg

これで、8ヶ月間の懸念が払拭され、ぶら~りドライブをより安心なものにすることできます。
運転する際に、精神的にも心配のタネが無くなってホッとしています。

さらに、サーモスタットも新品に交換です。
d0079440_2071697.jpg

最後に、オドメータが【150,000km】を刻んだので、、、オイル交換をお願いしました。
MOTUL4100を注入です。
d0079440_2084897.jpg

この後、今年最後のモディファイとして、、、R8用オイルフィラーキャップを装着です!
締め切った時の角度を、店長に調節してもらいました。
d0079440_20111684.jpg

d0079440_20125285.jpg

ちなみに、ノーマルのオイルフィラーキャップはこちら。
d0079440_20222828.jpg

無骨なノーマル・オイルフィラーキャップと比べると、R8用は華がありますね~。

下から見たSAMCO ターボホース(レッド)を再確認した上で、アンダーカバーを戻して作業終了です。
d0079440_20143111.jpg

d0079440_20145386.jpg

これまでのエンジンルームと、ターボホース&オイルフィラーキャップをチェンジしたエンジンルームを比べてみました。
d0079440_12131490.jpg

d0079440_12131294.jpg

ちょっとだけ、魅せ甲斐があるエンジンルームになりました!

店長、おつかれさまでした~♪
d0079440_20154298.jpg

ホント、燃料ポンプの懸念は、私に付きまとっていました。
実のところ、納車から約1ヶ月後のぶら~り時には、走行中にビビるような症状を感じていたのです。
以来、ロング・ツーリングをする際には、万が一ヘルプが必要になっても心細くならない様なところをなるべくぶら~りしていたんですが、、、これが私にとっては欲求不満を募らせることに。
サーモスタット不調を機に治療を依頼して、積雪の時季を前に気が楽になりました。
今年はドライブを堪能する期間がもう少ないですが、来年は気兼ねなくぶら~りしたいです。
「大治療・その1」があるということは、「その2」もいずれはお願いしなければならないことも事実ですけどね…。

帰りに立ち寄った小松市内のケーキ店で別件の用事を済ませ、駐車場に戻ると、、、
d0079440_20275789.jpg

似たような黄色のルポが、偶然?にも隣に停まってました。
黄色同士が隣同士になる経験は初めてだったので、新鮮に感じましたね。。。
[PR]
by chiketa_net | 2012-11-22 20:31 | Audi & VW
<< 「ボワチュリエ」へ、拘りの20... 彼女のカレラ My Favor... >>