「吾唯足知」な日々


【吾唯足知】とは…『自らを高めるための弛まぬ努力を続けることは大事なこと、そして志半ばでも自らを振り返って成したことに対し満足するゆとりの心を持つことも大事なこと』…と自己解釈。
本来の意味では…『足ることを知る者は貧しいといえども富めり、足ることを知らない者は富めりといえども貧し』…という仏教の真髄かつ茶道の精神を表現した言葉。

ポツポツと綴る、福井在住・Takeuchiによる日常の「ひとりごと」(画像・座右の銘&Blogタイトル由来の龍安寺「知足の蹲踞」)
by Takeuchi
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
最新の記事
画像一覧
記事ランキング
Profile &Blogリンク
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ブログジャンル
2009年 04月 29日 ( 1 )
そば席 御清水庵
今日は、頼まれ仕事をやっつけるために職場にいました。
元々は、「1日中チャリに乗って駆け巡る」など3つの選択肢を考えていましたが、いずれもキャンセルです…。
勤務時間中では間に合わない代物を一気に作り上げて、ほぼ1日が終わっちゃいました。
自分へのご褒美に何か食べよう、、、と仕事しながら考えていたら、あるキッカケでおろしそばを食べに行くことに。
d0079440_1821576.jpg

5年ぶりに向かったのは、越前市内にある蕎麦店『そば席 御清水庵』。
旧・武生市内では、個人的に1番かなって位置づけしているところです。
注文したのは、もちろん「おろしそば(550円)」。

ここのおろしそばの特長は、「ちょっと多め」です。
といっても、大抵の蕎麦店のおろしそば一杯の量は少なめで、二杯か大盛を注文して一人前なことがほとんどなのです。
「一杯のそばで満足できるよう」という店主の心意気が大変うれしく、そば自体も香り良くコシがあり、おろしの辛さもよく効いていて、この値段はとてもありがたい。
しかも、きびだんごが1個ついてきて、これができたてで温かく軟らかい歯応えで美味しかった。
久しぶりに訪れましたが、私の位置づけに更なる自信を持った次第です。

さて、私のゴールデンウィークですが、、、
[PR]
by chiketa_net | 2009-04-29 19:07 | 福井グルメ