「吾唯足知」な日々


【吾唯足知】とは…『自らを高めるための弛まぬ努力を続けることは大事なこと、そして志半ばでも自らを振り返って成したことに対し満足するゆとりの心を持つことも大事なこと』…と自己解釈。
本来の意味では…『足ることを知る者は貧しいといえども富めり、足ることを知らない者は富めりといえども貧し』…という仏教の真髄かつ茶道の精神を表現した言葉。

ポツポツと綴る、福井在住・Takeuchiによる日常の「ひとりごと」(画像・座右の銘&Blogタイトル由来の龍安寺「知足の蹲踞」)
by Takeuchi
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
最新の記事
画像一覧
記事ランキング
Profile &Blogリンク
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ブログジャンル
カテゴリ:自転車( 9 )
京都府を縦貫して天橋立へ。レンタサイクル編
d0079440_933361.jpg

大山崎経由で4時間かけて天橋立に到着、何時以来か憶えていないほど久しぶりに、日本三景の一つで国特別名勝・天橋立を散策します。
今回は、レンタサイクルにてチャリぶら~りをします!

【文珠交差点よりこれから通る砂洲の中の散策道路も含むこの道は、実はr607(京都府道天の橋立線)として指定されています。しかも、日本の道百選にも選ばれていたりする】
d0079440_9481373.jpg


天橋立は、百選のテンコ盛り。
[PR]
by chiketa_net | 2013-09-14 20:55 | 自転車
ESCAPE AIRから始まる生活
d0079440_2082180.jpg

d0079440_2083520.jpg

d0079440_2084719.jpg

思い切って自転車通勤をするべく、クロスバイクを買ってしまいました!
GIANT Bicycle の中でも、どちらかというとエントリーモデル的な位置づけと思われる「ESCAPE AIR」の2013モデル、カラーは春に追加されたマットブルーです。

兎にも角にも、現在の私は人生で最重量を記録中…。
もちろん、完全なメタボ体形となっておりまする…。
今すぐ対策をとらなければ今後の人生に絶対に影響が出る、、、と危機感を持った結果、決断をした次第。
いや、、、これまで折り畳み自転車のアウディ・チャリが活躍し、昨年は何度か通勤もしたことがありましたが、、、これがタイヤの直径が小さいためか、大変な苦痛を伴いました(遊びで乗る分には苦痛は無いが、通勤では仕事に支障をきたしてしまう…)。
購入したショップからは「ダイエット目的の漕ぎ方」を伝授してもらいましたので、楽しく通勤ができそうです。

ESCAPE AIRから始まるダイエット生活、7月からを楽しみにしたいと思います。
明日は、早速試走に出ちゃいます~♪
[PR]
by chiketa_net | 2013-06-29 22:50 | 自転車
東京行脚2009 クリスマスウィーク・港区&丸の内編
皇居一般参賀とランチの後は、友人の主導でレンタサイクルで港区をあちこち巡ることにしました。
なお、さすがにレンタサイクルに乗っている最中の写真はありません…。

【23区内で最も標高が高い「自然の山(25.7m)」、愛宕山に鎮座する愛宕神社に到着です。正面のこの急な階段は「出世の石段(男坂)」と呼ばれる演技のある石段です】
d0079440_19302065.jpg


東京中心部を自転車で巡るのは、初めての事です。
[PR]
by chiketa_net | 2009-12-23 22:57 | 自転車
ハイドレーションバッグ
d0079440_22101982.jpg

随分と久しぶりの、チャリ・ネタです。
自転車に乗っていて、私が最も苦労をしているのが「水分補給」です。
フレームに水筒やペットボトルを括りつけて置けばいい…という意見もありますが、それでは量が足りないのです。
かつて尿管結石で救急車に運ばれて以来、強迫観念に似た意識で水分補給をする私にとっては、都度都度で自動販売機を探して150円を消費するのでは割に合わないという悩みを抱えていました。
以前からこういうものが欲しい欲しいと考えていたのが、写真のハイドレーションバッグ
通常のリュックサックの機能もありますが、このバッグの中に2リットルの飲料水を入れる袋があるのです。
そして、水分補給をする際には、右肩側にあるバルブからチューとストローのように吸うことができるのです。
写真ではバルブがほぼ完全にバッグの中に収まっているのですが、実際に使う時には右胸に当たるところにマジックテープがあるので、バルブに巻きついているマジックテープと貼り合わせておけばすぐに左手でバルブを口に持って行くことができる優れものです。
これで、度々自販機の前に止まる回数が激減するようになって、サイクリング中の煩わしさが少なくなります。

欲しい欲しいと考えていましたが、今のタイミングでとうとう購入に踏み切ったのにはがあります!
そのとは?近々Blogで報告する予定です。
実は、用途外使用のための購入だったりします。
期待せずに、お待ちくださいませ。。。
[PR]
by chiketa_net | 2007-10-04 22:24 | 自転車
自転車生活 Vol.9
d0079440_23212890.jpg

書店で思わず目に入った、この本。
何たって、サブタイトルが「実は相性抜群!鉄道と自転車」なんですもの!
あぁ、鉄道内に折りたたみ自転車を持ち込んでサイクリング、というのも楽しそうだなぁ~って。
福井にも、廃線跡を利用したサイクリング・ロードがありますしね。
勿論、自転車の持ち込み運賃は別途だろうから、確かめなければいけません。
う~ん、一度始めたら、病みつきになりそうだなぁ~。
その前に、(実は)一回使っただけで使用不可能なくらい破れてしまった収納バッグの2代目を買わなければならない。
やっぱり、お値打ち品=安物はいかんな…と感じた次第。
あと、買う買うと言った鍵やサイクルコンピュータも、いまだに備え付けていないしなぁ。。。
[PR]
by chiketa_net | 2007-07-02 23:30 | 自転車
11年前のヘルメット
d0079440_22233583.jpg

ちょっと探し物をしていたら見つかった、懐かしき物。
初めてマウンテンバイクを購入した時に、時同じくして購入した自転車用ヘルメット
11年前のヘルメット、当時の記憶が甦ってきた。
今では福井の第一人者ならぬ「第三人者」ぐらいのダウンヒル選手である友人に薦められて、ダイエットを兼ねてマウンテンバイクを買ったものです。
当時の価格で約15万円のバイク、今では1~3万円ぐらいで変えてしまう現実が、時代の流れを感じてしまいますが…。
その時のバイクで、よく三国の海岸や勝山へ行ったものです。
私は皮膚が弱いため、「変人」と呼ばれても仕方が無いほどの顔面防御をして自転車を漕いでいました。
その顔面防御のために採用したブツも一緒に見つかったので、タイミングを見計らってHPの自己紹介コンテンツにUPしましょうかねぇ~。

最近、折畳みマウンテンバイクに乗るときは、普通にキャップを被っていました。
使うには使用期限がとうに過ぎているヘルメットだけど、今度乗るときに頭に乗せて走ろうかな!?
そういえば、私にマウンテンバイクを薦めた友人に、一度連絡してみよう。
何せ、もう6年も会う機会が無かったのだから(年賀状での縁は続いている)。
[PR]
by chiketa_net | 2006-11-28 22:39 | 自転車
20インチ用収納バッグ
d0079440_2122158.jpg

「仕事帰りをチャリで」のつもりで購入したのが、上の写真の折畳み自転車用収納バッグ20インチ用です。
取っ手のところにあるのは、大きさ比較のために置いた携帯電話「N504is」です。
意外と安かったのと、楽天市場の「誕生月ポイント」を利用すべく、勢いで買ってしまいました。
16インチ用の物だと結構手頃な値段のものがあるのですが、20インチとなるといいお値段の品物が多かったなかでの、お値打ち品を見つけたのです。

こうやって実際に来た収納バッグを見ると、分かっているものの「大きいなぁ~」と思わずにはいられません。
結局チャリ通勤断念をしましたが、趣味としてのサイクリングをするには可能性が広がりました。
これならば、京都周遊の際にレンタサイクルを利用する必要も無くなるしね。
そのためには、もう少しバイクの装備を充実しなければ。
何せ、いまだに防犯に不可欠な「鍵」を備えていないのだから…。
[PR]
by chiketa_net | 2006-10-03 21:32 | 自転車
チャリ通勤試走
d0079440_18385146.jpg

2日前の投稿で、帰りだけでも「チャリ通勤をしようかな~」って考えていることを記載しました。
果たして、片道25㎞の通勤を自転車で週一とはいえできるのか?
実際に肉体に訴えるべく、試走しました。

恥を忍んで、正直な感想を言います。
週一のみでも継続は無理です。
1時間30分かかって職場から自宅への試走をしたのですが、1時間を超えたあたりから気が遠くなるは腰から膝にかけて声鳴き悲鳴が聞こえる(?)はで、とても仕事が終わってからでは無理と判断。
ダイエットのためとはいえ、身体が悲鳴をあげるのでは(真剣な話)別のところに支障をきたす可能性がある私にはGOサインは出せない…。
チャリで走ることは変えませんが、走る時と場所を再考するつもりです。
なんて軟弱な私…、自己嫌悪です。

チャリを漕いで、ただ疲れただけではありません。
いろんなものを直に見るものができました。
ゴミだらけになっている近所の一級河川を見たときには、悲しいものを感じたこと。
通勤時にいつも見ている中学生が通学に通っている自転車橋から見た川の光景は、自動車橋の光景とは違うのだということ。
車でぶっ飛ばす一直線の田舎道も、自転車で走ると結構上り下りがあるということ。
そして、今の時期は上の写真のように蕎麦畑の白い花が最も盛りであるということ。
ただ、仕事帰りでチャリ通勤をするとなると、これらのほとんどが暗闇で見れない時間帯を走るのだということも、「無理」と判断した理由のひとつでもあります。。。
[PR]
by chiketa_net | 2006-09-30 19:03 | 自転車
LEDサイクルライト
d0079440_21087.jpg

上の写真は、アウディ・ディーラーに展示してあった、折りたたみマウンテンバイクに付属していたLEDサイクルライトです。
ちなみに、このバイクはHPでも紹介しているとおり、「新車購入記念の非売品」で、時期によって微妙に仕様が違います。
しかし私は、縁あって、ディーラー展示とは仕様違いの「アウディ・マウンテンバイク」を手に入れることができました。

ところが、ディーラーに展示されているバイクには、写真のとおりLEDサイクルライトが付属してあったのに、私のには付属されていなかった。
私のバイクは、一切開封されていない状態で箱ごと手に入れたので、最初から無かったのは間違いない事実なのでしょう。
それからは、意地になって「この写真と同じLEDサイクルライトを手に入れる」ため、探していました。
ということで、やっと見つかりました。

More
[PR]
by chiketa_net | 2006-09-28 21:23 | 自転車