「吾唯足知」な日々


【吾唯足知】とは…『自らを高めるための弛まぬ努力を続けることは大事なこと、そして志半ばでも自らを振り返って成したことに対し満足するゆとりの心を持つことも大事なこと』…と自己解釈。
本来の意味では…『足ることを知る者は貧しいといえども富めり、足ることを知らない者は富めりといえども貧し』…という仏教の真髄かつ茶道の精神を表現した言葉。

ポツポツと綴る、福井在住・Takeuchiによる日常の「ひとりごと」(画像・座右の銘&Blogタイトル由来の龍安寺「知足の蹲踞」)
by Takeuchi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
最新の記事
画像一覧
記事ランキング
Profile &Blogリンク
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ブログジャンル
カテゴリ:越前若狭の歴史( 31 )
御附家老・本多富正公の菩提寺
休日(サービス)出勤を昨日してしまったので、今日は1日フリーになってしまいました。
何処かへぶら~り行こうかとしたその時に、私と同じ様に職種が変わった前職場の同僚から「ちょっと教えて~」の連絡があったので、久しぶりに鯖江の前職場を訪れた次第。
1時間半ほどの間、未熟ながらも私なりのアドバイスをしたり、雑談をしたりで過ごしました。

職場が変わってから、福井市から南へぶら~りと行く事はほとんど無くなってしまったもの。
せっかくここまで来たのならばと、もうちょっと足を延ばして以前から訪れてみたかった古刹へ向かいました。
福井市と旧・武生市の礎を担った越前松平家の御附家老・本多富正公の菩提寺です。

訪れたのは、越前市内にある曹洞宗太平山龍泉寺
市街地中心とは思えぬ松並木が、参道脇に立ち並びます。
富正公がこよなく好んだ松並木とのこと。
d0079440_1855275.jpg


「家老」の枠に留まらない家格と才能。
[PR]
by chiketa_net | 2012-06-24 20:58 | 越前若狭の歴史
朝倉の石仏群
アレルギー症状で木・金曜日は頭痛・咳込みが酷かったので、午前中はほぼ休養に充てていました。
しかし、せっかく天気が良いこともあるので、ちょっとだけ出かけることに。
戦国時代の、表情豊かな石仏群を見に行きました。

一乗谷あさくら水の駅よりも、少し東に行ったところの山の麓に、国特別史跡・一乗谷朝倉氏遺跡の一角である西山光照寺跡です。この時季なので、陽が当たらない山影ばかりな時間に来ちゃいました…】
d0079440_172973.jpg


シュールなところですが、よく見ると…
[PR]
by chiketa_net | 2011-11-12 19:25 | 越前若狭の歴史
久々の福井城天守台
久しぶりに県庁への出張がありましたので、、、業務を終えてから福井城天守台を散策してみました。
アレルギーのためにマスク姿で、携帯電話で写真を撮っていたので、、、傍目から見るとアヤシイ人に思われたかも知れません…。

【県庁1階ホールから、本丸北側へと外に出ることができます】
d0079440_20321755.jpg


今日まで知らなかった通路がありました。
[PR]
by chiketa_net | 2011-10-26 22:00 | 越前若狭の歴史
霊屋から観音堂の再利用
越前松平家の永代菩提所である大安禅寺千畳敷を、大型連休最後の日に訪れました。
思い付きではなく、行こうと思って訪れただけに、事前に予備知識を調べたものです。
ところが、偶然にも福井藩歴代藩主の霊屋が別目的の建物として散らばっていることを知ったのです。
大安禅寺に行く途中や、拝観を終えた後にちょっと足を延ばせばある場所だったので、前後に訪れてみました。

【まずは、大安禅寺へ行く途中です。福井市堀ノ宮1丁目、白山神社の隣にあります】
d0079440_19562878.jpg


知られざる「史跡」かと。
[PR]
by chiketa_net | 2011-05-08 21:52 | 越前若狭の歴史
大安禅寺と千畳敷・後編
数々の重要文化財が並ぶ大安禅寺の拝観を終えて、いよいよ山登りです…。

【大安禅寺の境内を退出します】
d0079440_19434171.jpg


往復30分の山登りをする価値があります!
[PR]
by chiketa_net | 2011-05-08 21:12 | 越前若狭の歴史
大安禅寺と千畳敷・前編
大型連休最終日ということで、もう遠出をする気にはなれません。
明日から日常に戻るとあって、まる1日お出かけにはせずに、午前中は身体を休めていました。
午後からは少しは運動をしなくちゃいけないなと思い、久しぶりに山道を歩く名刹へ向かいました。

【福井市内、日野川左岸を越前海岸へ向かう市道を走ると、今日の目的地があります】
d0079440_19443184.jpg


福井市における名刹です!
[PR]
by chiketa_net | 2011-05-08 19:48 | 越前若狭の歴史
銅像巡りは福井の幕末・維新巡り 後編
銅像巡りの前編は、幕末の名君・松平慶永(春嶽)公を中心に回りました。
但し、「後ほど」とした人物もいますので、、、では後編です!

ライトアップが素晴らしい福井城址の桜ですが、すっかり葉桜となってしまいました】
d0079440_1918899.jpg


維新の英雄たちに影響を与えた人々が多いです。
[PR]
by chiketa_net | 2011-04-24 18:30 | 越前若狭の歴史
銅像巡りは福井の幕末・維新巡り 前編
今週は多忙と頭痛で、何とか乗り切ったといったところでしょうか。
寒くなったり暖かくなったりで、体調不良や怪我の後遺症で背中などが引き攣りそうになったりもして、虚弱体質を実感した次第。
ここ最近の週末は、天気が良い日は予定いっぱいで、天気が悪い日ばかり空いてるという悪循環。
ただ、今週末は晴れの日にスケジュールが空いていたので、久しぶりにアウディ・チャリで半日ぶら~りをしてきました。

今回のテーマは、タイトルのとおり『銅像巡りは福井の幕末・維新巡り』。

【福井駅近くの北陸本線横には、北陸新幹線用の鉄道高架橋が完成しています。ただ、えちぜん鉄道は高架にしないまま、何も走らぬ高架があるというのはどう考えても変。新幹線用とはいえ、えち鉄を走らせて高架下の道路を便利にした方が良いと思うのは、私だけではないはず…】
d0079440_16204213.jpg


維新の英雄達に影響を与えた人々が多いです。
[PR]
by chiketa_net | 2011-04-24 18:00 | 越前若狭の歴史
柴田神社と北ノ庄城跡
休日出勤だった先週末とは違い、この3連休は完全休養の予定です。
日曜日と春分の日は雨予報が出ているが、今日は日が射している良い天気。
では207SWGTiでぶら~り行こうか、、、というのがこれまでのパターンですが、しばらくはガソリン価格の値上がりと震災復興支援の一端で少しでも私的なガソリン使用は止めておこうと考えるようになりました。
だからといって、じっとしているのは性分ではありません。
そこで、思い切ってリハビリのつもりで、大怪我以来14ヶ月ぶりに自転車でのぶら~りをアウディ・チャリで福井市内をサイクリング次第です。

【「桜の馬場」と呼ばれた荒川沿いを走って、福井市中心街へ】
d0079440_20222367.jpg


隣りは以前よく通院していたんだが…
[PR]
by chiketa_net | 2011-03-19 18:23 | 越前若狭の歴史
歴代の北ノ庄城主巡り・後編
北ノ庄城主巡りの前半は、まずは築城主である1代目・柴田勝家と夫人・お市の方と、4代目・堀秀政のお墓巡りを果たしました。
後半も、ウォーキングで巡ります…。

【先に見えるのは、北ノ庄城落城の際に羽柴秀吉軍が陣を張った足羽山。左右のアンテナの間には、新田義貞公の兜を保管している藤島神社が鎮座。足羽山の麓を北へ向かうとすぐに、大きな鳥居と石階段もあります】
d0079440_20144494.jpg


歴史に名を残す城主が多いです!
[PR]
by chiketa_net | 2011-02-28 22:36 | 越前若狭の歴史