「吾唯足知」な日々


【吾唯足知】とは…『自らを高めるための弛まぬ努力を続けることは大事なこと、そして志半ばでも自らを振り返って成したことに対し満足するゆとりの心を持つことも大事なこと』…と自己解釈。
本来の意味では…『足ることを知る者は貧しいといえども富めり、足ることを知らない者は富めりといえども貧し』…という仏教の真髄かつ茶道の精神を表現した言葉。

ポツポツと綴る、福井在住・Takeuchiによる日常の「ひとりごと」(画像・座右の銘&Blogタイトル由来の龍安寺「知足の蹲踞」)
by Takeuchi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
最新の記事
画像一覧
記事ランキング
Profile &Blogリンク
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ブログジャンル
カテゴリ:食べ物&飲み物( 92 )
和歌山中華蕎麦 がむしゃら
d0079440_133365.jpg

d0079440_1159126.jpg

約1ヶ月間続いている超多忙期間、ひとつのヤマを越えることができました。
外は風雨吹きさらしの状態ということもあって、今日一日は心身の疲労を少しでも減らすために、静養に徹することにした次第。
ただし、昼食だけはどうしても外出しなければならないので、、、考えた挙句、久しぶりに濃いラーメンが食べたくなりました。

で、出かけたのが、福井市内で9月に開店したばかりのラーメン店『和歌山中華蕎麦 がむしゃら』。
かつて『真竜ラーメン』→『小浜ラーメン』が入っていた場所といえば、分かる人は多いと思います。
博多ラーメンが食べられるところはありますが、和歌山ラーメンが食べられるところは、ここが初めてです。
店主は有名な井出商店で修業してきたとのこと、期待して訪れました。

注文したのは、限定20食の「さば寿司セット(中華蕎麦+さば寿司・980円)」と「半熟煮玉子(100円)」。
さば寿司?って思った方もいるかもですが、、、本場・和歌山では、中華蕎麦を食べる前に鯖が早なれ状態の「早寿司」を食べる習慣がある、、、と聞いていたので、あえてこのセットを注文した次第。
「さば寿司」ですが、、、福井における鯖寿司とはちょっと違うので、最初は不慣れな感触かもしれませんね。
でも、3切れといえ、意外にボリュームがありました。
「中華蕎麦」ですが、、、濃いながらもクドくない豚骨醤油味は、疲れた体に効きそうな旨味があります。
麺は私好みの、細麺かつ歯応えある固茹で。
薄い花形の蒲鉾は、和歌山ラーメンの特徴とのこと。
いやいやいや、これは旨い!
ご当地ラーメンの先駆けになるのも納得、思わずうなっちゃいます。

私は、開店時間直後に店内に入ったんですが、、、次々とお客が入店してきます。
店舗前の狭い駐車場は、あっという間に満車(店舗からちょっと離れたところにも駐車場はある)になっていました。
今はまだ、物珍しさも手伝ってのブームかも知れませんが、こんな状態がずっと続くようでしたら『真竜ラーメン』のように移転するかもですね~。
個人的には、本場の和歌山ラーメンを一度食べに行きたくなりましたね。。。
[PR]
by chiketa_net | 2012-11-17 12:42 | 食べ物&飲み物
博多らーめん田中
d0079440_186392.jpg

今日は福井県営球場で高校野球観戦しておりまして、意外に暑くて大変でした。
観戦しただけですが、、、球場を後にするとクタクタ状態なので、スタミナ系の食事をすることに。
福井市内にあるラーメン店『博多らーめん田中』へ行きました。

何度か来ているラーメン店ですが、店主が実際に博多で修業して独立した「本格的博多ラーメン」が食べられることもあって、濃い系ラーメンが食べたい時の選択肢に入ってますね。
注文したのは、写真の博多らーめん(700円)」に「煮玉子(120円)」「生にんにく(一粒50円)」をトッピング
麺かためが好きな私は、メニューで最も硬めな「ばりかた」を選択しているんですが、、、隣りの人が替玉を注文する時に「粉おとし(ばりかたより硬い)で」と言っていたので、あるんならば「粉おとし」で注文したかったなぁ~と…。

ここのラーメンは、私好みの極細麺が特徴。
その上、「ばりかた」で茹でてもらっているので、歯応え良しが嬉しい。
紅生姜を入れて、生にんにくを絞って、白ごまを入れて、とんこつスープ(濃さは「ふつう」を選択)に混ぜて食べました。
この店を訪れる時は大抵混んでいるんですが、それも納得の旨さだと思っています。
でも、、、替玉をすると腹いっぱいを超えてしまうので、博多らーめん一杯を堪能しました~!
[PR]
by chiketa_net | 2012-09-29 18:45 | 食べ物&飲み物
白峰の「おろしうどん」
d0079440_16514795.jpg

本当は、この日曜日を休日(サービス)出勤をする予定でした…。
ところが、両親から「ちょっと一緒について来てくれ~」と頼まれて、石川県白山市へ。
旧・白峰村のカフェ『雪だるまカフェ』を訪れました。

「お代わり自由」な風習。
[PR]
by chiketa_net | 2012-08-26 17:45 | 食べ物&飲み物
「ヤサ玉カレー」初体験。
d0079440_1918262.jpg

お盆期間直前の週末は、何の予定も入ってません。
昨日の再上洛を今日にすれば良かったのかも知れませんが、、、天気予報では土日雨だったんですが…福井では朝方に降っただけで終わりました…。

お昼ご飯に、金沢市内にあるカレー店『フライパン&カレー てきさす』を訪れました。
狭い店舗にカウンターとテーブルが所狭しとあって、昼食時間帯を外して訪れたんですが、、、店内はお客さんでいっぱいでした。
幸いにもカウンターが空いていたので、すんなり座ることができた次第。
ここの名物「野菜玉子(ヤサ玉)カレー(サラダ、味噌汁付・750円)」を薦められていたので、注文。

10分もしないうちに来ましたが、、、その見た目に驚きです!
金沢カレー独特の黒っぽいカレーの上に、刻んだ野菜とウインナーが混ぜてある玉子焼きが乗せてあり、ケチャップ・デミグラスソース・マヨネーズがかかっており、たくさんのキャベツの千切りが添えられている、、、その姿。
教えてくれた人は、「二回目に食べると旨い!って言う人が多くて、初めて食べた時は賛否両論」って言ってましたが、、、分かるような気がします。
でも、私は一回目で気に入っちゃいました♪
いやいや、結構面白い食べ物だなぁ~と。
感想を言葉にするのが難しいんですが、、、辛味はあるんだが絶妙に甘くも感じられ、とても濃い味をしているんだがアッサリ感もあって、、、先割れスプーンが何故か進むんですよ。
もうね、不思議な旨さを感じられるのが「ヤサ玉カレー」の感想です。
d0079440_19403277.jpg

サラダと味噌汁が付いている上に、コーヒーorジュースも付いてくる。
ジュースはメニューに「自家製あまなつ」って記載されていたけど、、、時々(季節次第?)違うようで、今日はこの不思議なピンク色の疲れに効きそうな甘いジュースでした。
メニューには様々な種類のカレーや、定食も載っていたんだが、、、あれもこれも食べてみたい!って気持ちにさせてくれます。
特に昼は回転が速いようで、他のお客もボリュームあるカレーを食べるのが早く、皿が空っぽになったら下げるのも早いのも、そういう客層のお店故なんでしょう。
店内の雰囲気は「昭和の薫り」そのもの、BGMも懐かしい’80~90年代の曲が多かったなぁ…。
金沢を訪れる度に、来ちゃいそうなお店『てきさす』でした。

教えてくれた人は、、、
[PR]
by chiketa_net | 2012-08-11 19:56 | 食べ物&飲み物
江どめ屋
気温30℃なのに、午前中は冷房がOFFの職場で(サービス)休日出勤をしてました…。
最近、就業時間が終わってから、ダイエットとリハビリを兼ねて30分ほど走っているためでして、、、走り終わった後はとても残業できる状態では無いため、週末に出て残りの仕事をする始末です。
ただし、勝手に出勤しているために冷房をかける訳にもいかず、汗ダラダラでした…。

暑い時は熱いモノを食べようかと自虐的に考えて、仕事帰りの昼食には坂井市内に昨年できたラーメン店『江どめ屋』へ。
結構意欲的なメニューの中から、注文したのは、、、「厳選黒醤油ラーメン(670円)+煮玉子(100円)」。
d0079440_18365243.jpg

ここ最近流行り?の黒いスープに背脂タップリねぎタップリ、持ってきた最初の状態では麺が見えません。
でも、関西系な風味のスープは見た目ほど濃い味ではなく、意外に控え目な味で私好み。
細麺でしたが、これまた私好みのチョイ固めの茹で具合が良く、旨かった!
メニューにあった他のラーメンも、食してみたいですね。

実は、朝食抜きだったので、、、もう一品注文していました。
d0079440_1902245.jpg

『江どめ屋』のオリジナル、「肉飯いなり(260円)」です。
何故かメニューリストには載ってなくて、醤油や酢などの近くに三角の立体メニュー(って言うのか?)に出ていて気になった一品。
ラーメンに入っていた美味しいチャーシューの切れ端とタレを混ぜたご飯をおいなりにしたものだが、チャーシューそのものの味が良かっただけに、これはアイディアものだし旨かったですね。
開店直後に訪れたんだが、、、徐々にお客さんが増えて帰る頃には混雑していたので、大通りより一本脇な場所ながらも人気店になっている様ですが、、、実際に食べてみて納得した次第です。

予定通りで済んで、ちょっとホッとしました…。
[PR]
by chiketa_net | 2012-06-30 19:39 | 食べ物&飲み物
玉龍苑
d0079440_1455263.jpg

ゴールデンなウィークの後半4連休2日目。
転勤後の就寝中に必ず仕事の夢を見て真夜中2時台や3時台に目が覚める毎日(休日も…)だったので、、、雨予報もありますし、誰に何と言われようとも今日はまる一日寝ることに徹する事にしました。
もし雨天でなければ用事ができたんですが、明日に順延となったので今日は完全フリー。
そのため、明日はダブルブッキング状態ですけど…。

寝休日ではありますが、今日は自宅で昼食がありません。
外で食べることになるため、一度起きて何処へ行こうかと考えた挙句、平成一桁前半の頃に毎週末行っていたところで17~18年ぶりに足を延ばしました。
訪れたのは、福井市内にある中華料理店『玉龍苑』。
20代前半で食べ盛り(?)な私が毎回注文していた「味噌炒め定食(950円)」を、今回もオーダー。
まさに青春の思い出ともいえる味噌炒めの香りがしてきて、ホント懐かしくなりました。
丼いっぱいのライス・餃子・軽めのサラダ・スープが付いてこの値段は、学生時代の私にとって大変感謝なボリュームでして、、、今でもこのラインナップでいてくれてありがとうと言いたくなります。
この味噌炒めが大好きで、ご飯が進んで進んで疲労困憊の身体には馬力の素になりますね~♪
小ぶりな餃子も旨いし、濃い目のスープもおいしく、文句なしなところも懐かしい。
最後に、食べ尽くした味噌炒めの皿に残っている味噌?をご飯にかけて御馳走様というのが、私の定番でした。

中華料理店というものの、ボリュームある定食のメニューがとても充実している『玉龍苑』。
昔通っていた頃は昼営業時間帯は外営業系や肉体労働系の社会人がたくさんきている印象が残っているんですが、、、このボリュームとお値段を維持している今も、昼間の客層は変わらないんだろうなぁ~と思っちゃいます。
40代になった今も頻繁に通うと更に【体重増への道】になっちゃいますが、疲れ切った頃にはまた訪れて「味噌炒め定食」を食べるつもりです。。。
[PR]
by chiketa_net | 2012-05-04 15:23 | 食べ物&飲み物
ラーメン・ギョーザ ながい
この一週間も大変多忙で、先週のぶら~りをよくUPできたなと思うほど疲れ切っていました。
しかも、私的には大変凹む出来事もあったので、、、心身共にまいってましたし…。
朝起きた時間が9時となってしまうほど爆睡し、整骨院でリハビリを終えたらもう11時過ぎ。
滅多に朝食昼食兼用はしないんですが、今日は結果的にブランチにすることに。

訪れたのは、坂井市内にあるラーメン店『ラーメン・ギョーザ ながい』。
前々から訪れたかったお店で、うっかりすると見過ごすようなところにあります。
カウンター席しかない狭い店内で、注文したのは「ラーメンセット(ラーメン・ギョーザ・ライス小 880円)」。
このラーメンセットは、お昼のみのメニューとのこと。
d0079440_17341341.jpg

d0079440_17343440.jpg

ラーメン(680円)、ギョーザ(310円・昼と金曜日は200円)と単体で注文するよりお得なんですが、普段はライスいらない私なので、、、こういう機会を狙って訪れたのです。
事前にトンコツのスープと聞いていましたが、そうは思えないアッサリ系かつクセになりそうなスープ。
他店の独立系と比べると太い麺、もも肉のチャーシュー、そして何故か桜海老が『ながい』のラーメンの特徴ですね。
あと、ネギはラーメンを作る度に必要分切ったものを器に盛っているというコダワリを見ることができました。
かなり個性的なラーメンですが、これはホント何度も通いたくなる旨さでしたね!
よく、濃いスープのラーメンほどクセになりがちだが、、、ここのラーメンはあっさりなれども独特の味がクセになりそう…。
ギョーザは、鉄鍋で調理していましたね。
皮は弾力があり、具はけっこう詰まっていて旨かったです。

狭くてカウンターのみの店内は、屋台を連想します。
良いラーメン店を見つけることができて、また食べに来たいですね~。
[PR]
by chiketa_net | 2012-03-10 17:50 | 食べ物&飲み物
『七宝家』で新年会
昨日の夜は先週に引き続き、新年会を幹事として参加・取り仕切りました。
今回は、年2回必ず催す私の同輩・後輩仲間での宴です。
場所は、ここ ↓ 。
d0079440_834444.jpg

福井市内にある居酒屋『和旬菜 七宝家』、以前紹介した鯖江市内の居酒屋『天喰家』を営む後輩が昨年11月に開店させた2軒目のお店です。
「あいつが福井進出を果たしたならば、うちらが使わなければイカンだろう」ということで、予約を後輩に直接予約を入れました。

大人の隠れ家なイメージの、居酒屋。
[PR]
by chiketa_net | 2012-02-12 09:00 | 食べ物&飲み物
そば 竹林舎 唐変木
新年を迎えてからすっかり疲労困憊モードが消えないので、思い切って今一番食べたいものをこの週末で口にしようと決めました。
今日は石川県に用事があったので、目的地へ向かう前に寄り道をすることにした次第。

その目的地は、、、昨年の真夏に一度訪れたけど、到着したときには営業終了だった蕎麦店。
石川県白山市(旧・鳥越村)内にある蕎麦店『そば 竹林舎 唐変木』、今日は大丈夫でした!
ちなみに、この店は履き物を脱いでから店内に入ることになります。

注文したのは、、、「おろしそば(一万石・600円)」馬方蕎麦塩つゆ(左側)と醤油つゆ(右側)の2枚です。
d0079440_18435151.jpg


石川県でおろしそばとは、、、
[PR]
by chiketa_net | 2012-01-21 19:42 | 食べ物&飲み物
仕事始めの前に、初の鯖江コメダ。
新年明けて、4日から私は仕事始めです。
いつもながらこの季節は、夜が明ける前に起床して出勤します。
が、、、他の家族はお正月状態で起きてこないので、朝食無しで出発…。
私としては朝食抜きはありえないので、昨年11月にオープンして以来一度も入店できなかった『コメダ珈琲店鯖江店』へ。
私にとっては、福井県においての初コメダになります。
d0079440_1984077.jpg


「シロノワール」は出てきません。
[PR]
by chiketa_net | 2012-01-04 19:32 | 食べ物&飲み物