「吾唯足知」な日々


【吾唯足知】とは…『自らを高めるための弛まぬ努力を続けることは大事なこと、そして志半ばでも自らを振り返って成したことに対し満足するゆとりの心を持つことも大事なこと』…と自己解釈。
本来の意味では…『足ることを知る者は貧しいといえども富めり、足ることを知らない者は富めりといえども貧し』…という仏教の真髄かつ茶道の精神を表現した言葉。

ポツポツと綴る、福井在住・Takeuchiによる日常の「ひとりごと」(画像・座右の銘&Blogタイトル由来の龍安寺「知足の蹲踞」)
by Takeuchi
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
最新の記事
画像一覧
記事ランキング
Profile &Blogリンク
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ブログジャンル
ヨコガワ分店の「ボルガライス」
d0079440_7392480.jpg

ここ数年、いろんな「B級グルメ」なメニューが知られるようになりました。
福井にもそんな「B級グルメ」になりえるメニューが、武生にあります。
それが、越前市内にある洋食店『ヨコガワ分店』の「ボルガライス(900円)」。

午前中、連休初日だというのに職場に居たのですが、用事を終えて帰宅する際に「一度、試しに食べてみよう!」と思いつき、開店時間に合わせて訪れました。
お店は、狭いです。
でも、カウンター越しから見える厨房は、ボルガライスが作られる過程がじっくりみることができました。
チキンライスをふっくら玉子で包んで、とんかつが乗せてあって、デミグラスソースがかけてある、妙な組み合わせ。
妙なはずで、お客さんのリクエストでできたメニューとのこと。
写真でみるよりは大きく無いのですが、「町の小さな洋食屋さん」の看板メニューだと考えれば、値段もこんなものかと。
でも、チキンライスが懐かしい美味しさで、とんかつもいい柔らかさになっていて食べやすい。
ボルガライスにはスプーンとフォークが出るのですが、これもいい演出です。
あっという間に食べ尽くしてしまいました。
思っているほど大きくないですが、でも一度食べてみる価値はありますよ!
[PR]
by chiketa_net | 2009-10-10 19:37 | 福井グルメ
<< 青空の下の別れ 『Melor』 >>