「吾唯足知」な日々


【吾唯足知】とは…『自らを高めるための弛まぬ努力を続けることは大事なこと、そして志半ばでも自らを振り返って成したことに対し満足するゆとりの心を持つことも大事なこと』…と自己解釈。
本来の意味では…『足ることを知る者は貧しいといえども富めり、足ることを知らない者は富めりといえども貧し』…という仏教の真髄かつ茶道の精神を表現した言葉。

ポツポツと綴る、福井在住・Takeuchiによる日常の「ひとりごと」(画像・座右の銘&Blogタイトル由来の龍安寺「知足の蹲踞」)
by Takeuchi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
最新の記事
画像一覧
記事ランキング
Profile &Blogリンク
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ブログジャンル
東京行脚2009 クリスマスウィーク・港区&丸の内編
皇居一般参賀とランチの後は、友人の主導でレンタサイクルで港区をあちこち巡ることにしました。
なお、さすがにレンタサイクルに乗っている最中の写真はありません…。

【23区内で最も標高が高い「自然の山(25.7m)」、愛宕山に鎮座する愛宕神社に到着です。正面のこの急な階段は「出世の石段(男坂)」と呼ばれる演技のある石段です】
d0079440_19302065.jpg




【上から石段を見下ろすと、落ちそうなほどの急坂でして、、、友人は「ビビるなぁ~」と】
d0079440_19355392.jpg

【江戸の防災・防火の神様として、徳川家康がこの地に創建したものです】
d0079440_19425613.jpg

d0079440_19433077.jpg

【万延元(1860)年3月3日、水戸浪士がこの神社で祈念し、桜田門外へ向かい、大老井伊直弼を討ち果たした(桜田門外の変)ということで、その記念碑「櫻田烈士愛宕山遺蹟碑」がありました】
d0079440_1951272.jpg

8年後、今度は勝海舟と西郷隆盛が江戸城明け渡しの話し合いで行き詰った時、勝が西郷を誘って愛宕山に上って江戸の町を見渡して、町を戦火で失う愚を話し合ったところでもあります。
その後に、三田の薩摩屋敷で歴史的会談・江戸城無血会談の調印に至ったのです。
今では、山の上?からは高層ビル群しか見えないですけどね…。

【道路に跨るこの門は、、、徳川将軍家菩提寺・浄土宗三縁山広度院増上寺の大門です】
d0079440_20433100.jpg

徳川将軍家菩提寺である増上寺、一度訪れてみたくて、友人に先導してもらいました。

【箱根駅伝の中継でも見かけるこの立派な山門は、増上寺の国重要文化財・三解脱門。この門をくぐると三毒(3つの煩悩、むさぼり(貪)・いかり(瞋)・おろかさ(癡))から解脱できるということからとのこと】
d0079440_20225810.jpg

【北隣にある東京プリンスホテル敷地にある、有章院霊廟二天門。有章院とは、7代将軍家継公のこと。悲しいぐらいにボロボロ…】
d0079440_20292752.jpg

【三解脱門の近くにレンタサイクルを停めて、境内に入ってみました。大きな大殿の後には、東京タワーがそびえ立っているのが不思議な光景】
d0079440_20314695.jpg

d0079440_20395498.jpg

【御本尊阿弥陀如来像は、室町時代の作】
d0079440_2034046.jpg

【大殿から三解脱門側を見る。結構広い境内です】
d0079440_2037353.jpg

【黒本尊安国殿は、工事中…。この裏に「徳川将軍家墓所」があるのですが、今回は友人と来ているのでまたの機会に】
d0079440_20391447.jpg

ちなみに…増上寺には、秀忠・家宣・家継・家重・家慶・家茂の将軍6名が眠ってます。

【大殿の裏を通ると、、、和宮の茶室を改修・移転した「貞恭庵」がありました】
d0079440_20411719.jpg

d0079440_20441828.jpg

【さらに歩いていくと、、、ザ・プリンスパークタワー東京と芝公園です】
d0079440_20561357.jpg

d0079440_20563532.jpg

【芝公園の南隣には、四大東照宮のひとつ、芝東照宮が鎮座していました。元々は増上寺の安国殿だったのだが、明治に神社として独立したもの】
d0079440_2101728.jpg

d0079440_2104412.jpg

d0079440_211540.jpg

【三解脱門へ戻ります。途中にあったこの門は、台徳院霊廟惣門。台徳院とは、2代将軍秀忠公のこと。この門はとても綺麗になってましたね】
d0079440_2129572.jpg

増上寺を後にして、この後は三田→麻布→愛宕と港区内をあちこち巡りました。

【愛宕山の裏手を走っている途中で、『杉田玄白墓』の文字が彫っている石碑を目にして、この浄土宗久遠山栄閑院に入ってみることにしました】
d0079440_21394127.jpg

【ここは通称「猿寺」と呼ばれるだけあって、猿塚や狛犬ならぬ猿像があります】
d0079440_21445737.jpg

d0079440_21453094.jpg

【本堂右手奥に、「九幸杉田先生之墓」と刻まれた杉田玄白の墓がありました】
d0079440_21475921.jpg

杉田玄白は、医学書を翻訳した『解体新書』を刊行し、手記『蘭学事始』を執筆した蘭学医であることは、広く知られています。
そして、この玄白は小浜藩酒井家の藩医・奥医師であります。
偶然通りかかったこの道を走って見つけて、福井県ゆかりの偉人の菩提寺。
とても驚いたことともに、こんな偶然な巡り合いができて嬉しかったですね~。

【2時間の延滞料(500円×2)を差し引いた保証金1000円を戻してもらい、後は2人でたくさんの人で賑わう丸ビル丸の内仲通り周辺をうろうろ】
d0079440_2271827.jpg

d0079440_2225781.jpg

d0079440_22112816.jpg

d0079440_22115319.jpg

d0079440_22121852.jpg

d0079440_22123948.jpg

友人曰く、「こんなに人がいる丸の内は初めてだ!」

【友人が「最後にここを案内したい!」って連れてくれた先は、丸の内MY PLAZAに隣接された国重要文化財・明治生命館でした!】
d0079440_22231630.jpg

d0079440_22235150.jpg

d0079440_2225449.jpg

d0079440_22253680.jpg

d0079440_2226183.jpg

明治生命館は、戦後GHQに接収、アメリカ極東空軍司令部として使用され、対日理事会の第1回会議は明治生命館2階の会議室で行われた歴史的に重要な建築物です。
昭和の建築物としては初めて国重要文化財に指定されていますが、隣に30階立ての明治安田生命ビルを建設することによって、全面保存しながらも本社として現役活用されています。
普段は、写真のラウンジまで自由に利用することができますが、土日には1F店頭営業室や2Fなどを一般公開しています。
友人は、この一般公開エリアを私に見せたかったのですが、残念ながら祝日は行われておらず…。
また次回上京した時に、是非とも見学したいです。

ここで、友人とはお別れ、まる一日お付き合いしてくれて大変感謝です。
休日を一日潰してしまったお詫びに、奥様へのおみやげを買っていくとのこと。
今度上京したときには、私がお詫びのおみやげを持って来ますね~!

【毎回上京する度に訪れている、八重洲地下街のあるリラクゼーションで足ツボマッサージを受けてから、再び丸ビルと丸の内仲通りへ。『光都東京・LIGHTOPIA2009』のフラワーファンタジーが煌びやかに彩られていました!】
d0079440_2246464.jpg

d0079440_22471056.jpg

d0079440_2248557.jpg

d0079440_22484087.jpg

d0079440_22493968.jpg

d0079440_225055.jpg

私が年末のこの時期に上京したのは、初めてでした。
皇居一般参賀も初めての経験、レンタサイクルで走り巡ったのも初めての経験でした。
特に、レンタサイクルで走るには汗をかくことも無く、この時季は最高の条件で気持ち良かったです。
友人はこれを機に、マウンテンバイクを買おう!って言ってましたね。
私も、東京をレンタサイクルで巡る楽しさを覚えてしまいました。
また、東京を楽しむ方法を知ることができたことが嬉しかったですねぇ~。

東京2日目に続きます。。。
[PR]
by chiketa_net | 2009-12-23 22:57 | 自転車
<< 東京行脚2009 クリスマスウ... 東京行脚2009 クリスマスウ... >>