「吾唯足知」な日々


【吾唯足知】とは…『自らを高めるための弛まぬ努力を続けることは大事なこと、そして志半ばでも自らを振り返って成したことに対し満足するゆとりの心を持つことも大事なこと』…と自己解釈。
本来の意味では…『足ることを知る者は貧しいといえども富めり、足ることを知らない者は富めりといえども貧し』…という仏教の真髄かつ茶道の精神を表現した言葉。

ポツポツと綴る、福井在住・Takeuchiによる日常の「ひとりごと」(画像・座右の銘&Blogタイトル由来の龍安寺「知足の蹲踞」)
by Takeuchi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
最新の記事
画像一覧
記事ランキング
Profile &Blogリンク
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ブログジャンル
そば処 こはく庵
d0079440_1952132.jpg

土曜日通常勤務の代休日でしたが、、、雨風の一日では何処にも行きようがありません…。
結局、珍しい平日休みを活用することなく、近場をウロウロと時間の浪費。
そんな中、ちょっと小耳にしていた蕎麦店へ行くことにしました。

訪れたのは、福井市の蕎麦店『そば処 こはく庵』。
ログハウスの建物で、外観からは蕎麦店には見えないかも知れません。
店内も、ちょっとした喫茶店の様です。
注文したのは、もちろん「おろしそば(580円)」。
ここの蕎麦も、コシがしっかりしていて歯応えが良い蕎麦でした!
幅の太い蕎麦もあれば細い蕎麦もある、まさに手打ち蕎麦。
大根おろしはチョット辛めながらも、まさしく「おろしそば」な感じで美味しかったです!
私は開店時間直後に訪れたので他のお客さんはいませんでしたが、昼休み時間にはたくさん来るという話を聞いています。
それも納得なおろしそばでしたね。

ホントはもう一杯、イチオシと聞いている「天おろしそば」も注文したかったんですが、、、ここの蕎麦店は「焼き鯖」もお薦めとのこと、まぁこの次の機会の楽しみが多いということで。
[PR]
by chiketa_net | 2010-05-24 20:40 | 福井グルメ
<< 寝付きが悪いので。 高嶺の花だった「Gラーダー」 >>