「吾唯足知」な日々


【吾唯足知】とは…『自らを高めるための弛まぬ努力を続けることは大事なこと、そして志半ばでも自らを振り返って成したことに対し満足するゆとりの心を持つことも大事なこと』…と自己解釈。
本来の意味では…『足ることを知る者は貧しいといえども富めり、足ることを知らない者は富めりといえども貧し』…という仏教の真髄かつ茶道の精神を表現した言葉。

ポツポツと綴る、福井在住・Takeuchiによる日常の「ひとりごと」(画像・座右の銘&Blogタイトル由来の龍安寺「知足の蹲踞」)
by Takeuchi
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
最新の記事
画像一覧
記事ランキング
Profile &Blogリンク
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ブログジャンル
麦秋風景とローカル線
連日の青空天気は、ゴールデンウィーク以来でしょうか。
雨が降り続いたり、寒かったりと、皐月とは思えぬ天候が続いただけに、やっと気持ち良い天気が続いてホッとしています。
同じ晴天続きでも、ゴールデンウィークは花と新緑の時季、今は田植えと麦秋の時季です。

先日、地元ローカル新聞に麦秋広がる風景と越美北線の車両が走っている写真が掲載されていたので、帰宅時に寄り道して「この辺かな?」ってところを訪れてみました。

JR越美北線・越前東郷駅~一乗谷駅間
d0079440_2074124.jpg




せっかくなので、日が落ちつつあるものの、福井市内の麦秋風景の中を走るもうひとつのローカル線・えちぜん鉄道の沿線も訪れてみました。

えちぜん鉄道勝山永平寺線・追分口駅~東藤島駅間
d0079440_20123862.jpg

麦秋風景は、毎年おなじところで見られるとは限りません。
来年は麦作から稲作に変更する田畑がある可能性が、逆に稲作から麦作に変更する田畑もある可能性が、無いとは言い切れないため。
ある意味、「今年だけ」の光景なのです。

日中は夏日になるほどの気温ながらも、風はまだ涼しくて気持ち良いです。
今度の週末も、天候に恵まれるようです。
よろしかったら、今だけの麦秋風景を見るために福井のローカル線に乗ってみるというのはいかがでしょうか?
[PR]
by chiketa_net | 2010-06-02 19:33 | 四季と自然
<< 若狭国の国宝と名水巡り・国宝編 レストラン ふくしん >>