「吾唯足知」な日々


【吾唯足知】とは…『自らを高めるための弛まぬ努力を続けることは大事なこと、そして志半ばでも自らを振り返って成したことに対し満足するゆとりの心を持つことも大事なこと』…と自己解釈。
本来の意味では…『足ることを知る者は貧しいといえども富めり、足ることを知らない者は富めりといえども貧し』…という仏教の真髄かつ茶道の精神を表現した言葉。

ポツポツと綴る、福井在住・Takeuchiによる日常の「ひとりごと」(画像・座右の銘&Blogタイトル由来の龍安寺「知足の蹲踞」)
by Takeuchi
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
最新の記事
画像一覧
記事ランキング
Profile &Blogリンク
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ブログジャンル
若狭国の国宝と名水巡り・名水編
くずまんじゅうと「雲城水」をいただいたところで、思い付いたところがありました。
福井県屈指の名水が、環境省が指定した「名水百選」に選ばれている場所がこの近くに2ヶ所あるのです。
美味しい「雲城水」を飲んで、さらに美味しい名水を飲んでみよう…と、2ヶ所のうちの1ヶ所へ向かいました。

【R27を通って、小浜市から若狭町へ】
d0079440_2115864.jpg




【右折して細い道を進んで行くと…】
d0079440_2117587.jpg

d0079440_2118226.jpg

【『瓜割の滝』に到着です!駐車場端には水汲み場があり、シール(有料)が貼られたポリタンクに水を汲む人々がたくさんいました】
d0079440_2123350.jpg

d0079440_21255381.jpg

【滝の方へ進みます。途中には、『瓜割の滝』の石碑がありました】
d0079440_21311512.jpg

d0079440_21314646.jpg

d0079440_2132342.jpg

【滝口に建てられているこの新品の鳥居は、昼食で訪れた『Cafe風音』の木工房『WOODBOX』が手掛けたものです】
d0079440_21392038.jpg

【さらに先を進むと…】
d0079440_21395858.jpg

d0079440_21404092.jpg

【ここが、『瓜割の滝』と、その源泉です!】
d0079440_21414441.jpg

d0079440_21422675.jpg

d0079440_21432352.jpg

d0079440_2144341.jpg

私がここを訪れたのは、17年ぶりです。
そんな遠い頃の話ではなく、以前はこの源泉すぐ近くまで歩いて行けて、見ることができたようです。
しかし今回訪れた時は、源泉周辺は立入禁止になっていました。
想像するに、この「聖地」を踏み荒らす人たち、、、といっても、きっと無意識な一般客だろうけど、、、の行動を叛けることができなくなったのかも知れません。

【立ち入ることが出来る場所で、滝に最も近いところから、滝と下流を撮影してみました】
d0079440_2152425.jpg

d0079440_21525749.jpg

d0079440_22121542.jpg

先ほど、『瓜割の滝』は「聖地」だと書きましたが…
この周辺は、元々途中にある天徳寺の境内で、「水の森」と呼ばれる修行の場であり、朝廷の雨乞いを司る祈祷所でもあります。
決して、観光で訪れても、騒いではいけない場所なのです。
また、季節問わずに一年中水温が変わることが無く、ここでしか生息していない珍種の紅藻類「ヒルデンブリンチア リブラリス」が繁殖しています。

このように、約1300年の歴史を誇る、水と自然の豊かなこの場所は、、、最近、福井県屈指のパワースポットとしても紹介されています。
かくいう私もパワースポットと知っていたからこそ、ここを久しぶりに訪れてみたんですけど…。
心が洗われたような気分になる一方で、ギャアギャア騒いでいた団体客御一行様もいて幻滅したのも事実。
観光観光で宣伝に励むのも大事だが、マナーやモラルの周知はもっと大事です。

【来た道を戻ります】
d0079440_2213644.jpg

d0079440_22132967.jpg

【『瓜割の滝』を境内として持つ高野山真言宗・宝篋山天徳寺。自由に拝観できるということで、中に入ってみました】
d0079440_2217365.jpg

d0079440_2218575.jpg

d0079440_22184489.jpg

【町名勝の方丈庭園。立派な枯滝式池泉庭園は、江戸時代初期・天和年間の作庭です】
d0079440_22222781.jpg

d0079440_22225560.jpg

d0079440_22231562.jpg

d0079440_2224487.jpg

d0079440_22242986.jpg

【庭園も方丈も無料拝観でした】
d0079440_22283261.jpg

天徳寺は、養老年間に泰澄大師が開基となって創建されました。
平安時代に村上天皇の勅願寺となったのですが、その時の年号が「天徳」だったので寺名になったとのこと。
小ぢんまりしてますが、明通寺よりも歴史のある、由緒正しい古刹だったんですね。

天徳寺としては、瓜割の滝や方丈庭園の他にも見所があるのですが、、、夕方に約束があるので、またの機会ということで…。

【せっかくなので、「わかさ瓜割の水(130円)」を購入。美味しかったですよ~】
d0079440_22365514.jpg

【帰り道はひたすらR27で敦賀方面へ。約束の時間ピッタリに福井へ戻れました】
d0079440_2240206.jpg

ちょっとした小浜・若狭巡りでしたが、十分満足できるぶら~りとなりました。
歴史あり、食あり、自然ありの、若狭国。
もうちょっと短い間隔で、また違う一面を見に行きたいです。
[PR]
by chiketa_net | 2010-06-06 22:54 | 福井県
<< 1日当たり約82㎞ 若狭国の国宝と名水巡り・食べ物編 >>