「吾唯足知」な日々


【吾唯足知】とは…『自らを高めるための弛まぬ努力を続けることは大事なこと、そして志半ばでも自らを振り返って成したことに対し満足するゆとりの心を持つことも大事なこと』…と自己解釈。
本来の意味では…『足ることを知る者は貧しいといえども富めり、足ることを知らない者は富めりといえども貧し』…という仏教の真髄かつ茶道の精神を表現した言葉。

ポツポツと綴る、福井在住・Takeuchiによる日常の「ひとりごと」(画像・座右の銘&Blogタイトル由来の龍安寺「知足の蹲踞」)
by Takeuchi
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
最新の記事
画像一覧
記事ランキング
Profile &Blogリンク
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ブログジャンル
越前そば処 勝食
d0079440_20594389.jpg

昨日今日は集落の村祭りで、ゆっくりしてました。
ただ、今日の午前中で祭りは終わり、午後は何の予定も無しでした。
雲が多いながらも暑い一日、あっさりしたものが食べたくなったので、ちょっと足を延ばしてみました。

時季的には外れながらも、久しぶりにおろしそばを食べることにしました。
で、足を延ばした先が、勝山市内にある食堂『越前そば処 勝食』。
以前はもう少し東の方に、いかにも街の食堂な建物で『勝山食堂』の看板で営業して私も何度か食べに行ってましたが、数年前に現在の場所に移転してからは御無沙汰でした。
もちろん、注文したのは「(冷たい)おろしそば(450円)
相変わらずリーズナブルなお値段で、本格的なおろしそばを味わうことができました。
おろしは辛過ぎず、おろしそば初心者でもお薦めできるレベルです。
手打ちのために、時折細いそばが混じっているのはご愛嬌。
おろしが混じった出汁を蕎麦にかけるよう、説明が書いてありましたね。
店が移転新築しても、味が変わらずにいたことは嬉しかったです。

全く昼食ではない時間帯に訪れたのですが、席は家族連れのお客さんでいっぱいでした。
駐車場の車のナンバーを見ると他県ナンバーが多かったので、どこかで聞きつけて来たんでしょうね。
まぁ、『勝食』は蕎麦だけでなく、ラーメンやカレーや丼物も美味しいですから。
いろいろな分野で、この食堂はお薦めですよ!
[PR]
by chiketa_net | 2010-08-01 22:05 | 福井グルメ
<< Car Magazine 387 エキブロ移行4周年 >>