「吾唯足知」な日々


【吾唯足知】とは…『自らを高めるための弛まぬ努力を続けることは大事なこと、そして志半ばでも自らを振り返って成したことに対し満足するゆとりの心を持つことも大事なこと』…と自己解釈。
本来の意味では…『足ることを知る者は貧しいといえども富めり、足ることを知らない者は富めりといえども貧し』…という仏教の真髄かつ茶道の精神を表現した言葉。

ポツポツと綴る、福井在住・Takeuchiによる日常の「ひとりごと」(画像・座右の銘&Blogタイトル由来の龍安寺「知足の蹲踞」)
by Takeuchi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
最新の記事
画像一覧
記事ランキング
Profile &Blogリンク
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ブログジャンル
Car Magazine 387
d0079440_7314916.jpg

今週は、暑さに拍車がかかった日々が続きました。
8月上旬の暑い日」で思い出すのが、浮谷東次郎のクラブであるイル・サマリターノ・トージス・クラブの総会。
毎年8月第2土曜日に開催されていたのですが、クラブが休会になってもう数年…。
二度と総会が開催されないような気がします…。
故に、自らの意志で浮谷家へ訪れるんですけどね。

そんな暑い今年の夏、東次郎が船橋CCCレースのGT-Ⅱカテゴリーでポール・トゥ・ウィンを飾ったレーシング・エランの特集が、カーマガジンの9月号で組まれてました。
思わず昨日、買ってしまいました!
弊HPでも紹介している式場壮吉氏から借りたエラン26Rは、かつて浮谷家にあった”TOJI'S ROOM”で何度も拝見してますし、今はMEGA WEBの常設展示となった『伝説のレーサー 浮谷東次郎展』で万人に公開されています。

HPで紹介されているように、私は偶々整備中のエランに立ち会うことができましたが、普段は車内やボンネットの中まで見ることはできない貴重な個体。
しかし、今月号のCar Magazineは克明にエラン26Rを調査し記録しています。
そして、様々なエピソードも…。
このようなタイミングで巡り合えたことに、感謝です。

今年中に、また浮谷家訪問&「おねえちゃま」にお会いしたいですね。
どのタイミングで実現できるかどうかは検討しなければならないですが、実行したいです。
[PR]
by chiketa_net | 2010-08-07 08:10 | Toji'S
<< 遅れてきた特需? 越前そば処 勝食 >>