「吾唯足知」な日々


【吾唯足知】とは…『自らを高めるための弛まぬ努力を続けることは大事なこと、そして志半ばでも自らを振り返って成したことに対し満足するゆとりの心を持つことも大事なこと』…と自己解釈。
本来の意味では…『足ることを知る者は貧しいといえども富めり、足ることを知らない者は富めりといえども貧し』…という仏教の真髄かつ茶道の精神を表現した言葉。

ポツポツと綴る、福井在住・Takeuchiによる日常の「ひとりごと」(画像・座右の銘&Blogタイトル由来の龍安寺「知足の蹲踞」)
by Takeuchi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
最新の記事
画像一覧
記事ランキング
Profile &Blogリンク
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ブログジャンル
ブリリアントイエロー・A41.8Tクワトロの履歴
私と、初代アウディA41.8Tクワトロ(B5・8D)の最終ロット(APU)との出会いは、この雑誌からでした。
d0079440_1733992.jpg




辰巳出版から発刊された、『IMPORT SPORTS TUNING VOLKSWAGEN & AUDI 2』というMOOKを、今は無きBOOKS NOVAで2002年に立ち読みした時からでした(すぐに購入)。
このMOOKに、1.8Tクワトロが復活したために紹介されていた4ページが、これ。
d0079440_1712341.jpg

d0079440_1713730.jpg

初代アウディA4にMTのターボクワトロがラインナップされて以来、気になる車の筆頭であり続けた私にとっては、このブリリアントイエローの1.8Tクワトロが紹介された記事は、中古購入を迷っていたところに当たって最後のヒトオシになりました。

本では、このMOOKで紹介されているのが唯一無二。
インターネットで検索してみたら、ここがヒットしました。
d0079440_17171093.jpg

webCGによる、ブリリアントイエロー・1.8Tクワトロのインプレッション【ブリーフテスト】だけでした。
この2つの情報だけで、私における初代APU(銀)を2003年1月に購入できたのでした。

3ヶ月後、私の他に存在するAPUユーザーを見つけました。
d0079440_17251760.jpg

d0079440_17255268.jpg

自動車専門誌LE VOLANT』2003年6月号の中の記事においてです。
ル・ボランの編集者の中のおひとりが、希少なブリリアントイエローの1.8Tクワトロのオーナーでした。

月日は流れて、私は初代APU(銀)を手放しGT TSIのオーナー→207SWGTIのオーナーとなりましたが、その間A4を手離したことを後悔しているうちに、、、昨年4月頃(だったかな?)のル・ボランの編集後記に、この編集者も手放した旨の文を見つけました。
このブリリアントイエローの1.8Tクワトロ、何処へ行くんだろうか…と思っていたら。
d0079440_184201.jpg

VW/AUDIオンリーのWEBマガジン・8speed.netでコラムを掲載している小倉正樹元ル・ボラン編集長が譲り受けていました
良い人のところへ行ったんだなぁ~と思ったと同時に、もしあれが私のところに来たら…と少し思ったのも事実だったりします…。

大変不本意な形で207SWGTiを手離すことになってしまい、とりあえず「繋ぎ車」に乗ることになりました。
当然ながら、新車を買う馬力なんぞありません。
どうせならば、ダメ元でもう一度APUに乗りたいと思い、、、シュポルトDr.higamax店長に探索を依頼しました。
依頼から約2週間後、higamax店長から「小倉さんが黄色いA4を手離すという話が入って掛け合ったら、良いよという返事を貰ったけど、Takeuchiさんどうする?」という連絡を頂きました。
二つ返事でお願いした次第です。

東京を訪れて表参道を歩いている時に、higamax店長から「車来たよ~」と電話を受けたら、もう居ても経ってもいられなくなって、東京から石川へ新幹線で帰って繋ぎ車で向かって、夕方にはブリリアントイエローの1.8Tクワトロとご対面したのでした。
d0079440_19124049.jpg

d0079440_205594.jpg

納車はスタッドレスタイヤを履き替える頃で構わないので、向こう10年乗れるよう整備をhigamax店長に依頼しました。
この時点でオールペンを施す必要もありましたし、わざわざ積雪の時期に間に合わせて乗ることも無かろうという判断をしたのです。
この際、ブリリアントイエローのボディカラーを、私が元々探し求めていたノガロブルーパールエフェクトにボディカラーを変更する選択もありましたが、、、この黄色が私の下に来たのは「縁」だと考えて、そのままブリリアントイエローのボディカラーを復活させることにしました。
そして、今年の3月に納車しました。

更に、、、今日、納車以来のシュポルトを訪れました。
d0079440_1924203.jpg

納車までの整備期間にも納車費用と整備費用を何回かに分けて納めてきていましたが、今日残額を払って完済しました。
これで、名実ともに2代目APU(黄)が私の車になりました!

ついでに、、、歴代3台に搭載したHarrison e-severの効果が感じられなくなったので取り外しました…。
12年落ちのエンジンなので、いずれアーシングを再び施したいと考えています。

あと、フューエルキャップの紐が切れていたので、、、セルフ給油派の私は、シュポルト店内にあったMecorm EasyCapを手に入れて、新たなるフューエルキャップとしました。
d0079440_19302924.jpg

d0079440_19332773.jpg

帰りは、2代目APU(黄)になって初めてのR157・谷峠越えのルートを選択。
d0079440_1935957.jpg

d0079440_19355150.jpg

d0079440_19363865.jpg

d0079440_19392663.jpg

山肌にはまだまだ積雪がありましたが、R157は快適なワインディングロードでしたね。

久しぶりに勝山市内に来たので、これまた久しぶりに『勝食』のおろしそばを食べようと思ってましたが、、、「只今準備中」の看板が。
この時間は、貸切だったんでしょうか…?
d0079440_19454493.jpg

ということで、すんなり福井へ向けて帰路につきました…。
d0079440_19464681.jpg


店長を通じて、小倉氏から10月に『AUDI Bible vol.1』(小倉氏が編集人)を、今日『ル・ボラン2003年6月号』を頂くことができました!
d0079440_19513253.jpg

この場を借りて、ありがとうございます!!

奇なる縁あって、私のところに来た2代目APU(黄)こと、ブリリアントイエロー・A41.8Tクワトロの履歴を振り返ってみました。
初代オーナー・K女史、2代目オーナー・小倉氏、そして仲介をしていただけたDr.himagax店長に感謝!
改めて、大事に長く乗り続けていきたいと思った次第です。。。
[PR]
by chiketa_net | 2012-04-15 19:53 | Audi & VW
<< 木之本宿の「サラダパン」 「もうひとつの桜並木」 >>