「吾唯足知」な日々


【吾唯足知】とは…『自らを高めるための弛まぬ努力を続けることは大事なこと、そして志半ばでも自らを振り返って成したことに対し満足するゆとりの心を持つことも大事なこと』…と自己解釈。
本来の意味では…『足ることを知る者は貧しいといえども富めり、足ることを知らない者は富めりといえども貧し』…という仏教の真髄かつ茶道の精神を表現した言葉。

ポツポツと綴る、福井在住・Takeuchiによる日常の「ひとりごと」(画像・座右の銘&Blogタイトル由来の龍安寺「知足の蹲踞」)
by Takeuchi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
最新の記事
画像一覧
記事ランキング
Profile &Blogリンク
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ブログジャンル
小2女児プール死亡事故
流水プール事故、ふたは針金で固定…ボルトの一部紛失

ブラックホールと紙一重の吸水口が針金で固定だなんて、「杜撰すぎる」の一言では済まされない。
平成の合併で、点検が毎日から一日おきになったという報道もある。
ふたは午前中から外れていたという指摘がある。
監視員が指摘を受けて、客をプールから上げずに道具を取りに行ったという。
監視員は全てアルバイトであり、市職員は一人もいなかったとのこと。
こんな安全第一のところにも行政の「コスト意識」が働いていたのであれば、プールといわず様々なところでこれからも事故が起こる可能性がある。
安価でできないことだからこそ、行政サービスというものが存在し、そのために市民は納税の義務を果たしているということを、最近の行政マンは忘れているのではないか?
だから、こんな傷ましい事故が起きる。
現場にいた監視員だけの責任では、決してないと私は思う。
[PR]
by chiketa_net | 2006-08-01 22:13 | ニュース&スポーツ
<< Audi MAGAZINE 2/06 裏メニューで縁起担ぎ >>