「吾唯足知」な日々


【吾唯足知】とは…『自らを高めるための弛まぬ努力を続けることは大事なこと、そして志半ばでも自らを振り返って成したことに対し満足するゆとりの心を持つことも大事なこと』…と自己解釈。
本来の意味では…『足ることを知る者は貧しいといえども富めり、足ることを知らない者は富めりといえども貧し』…という仏教の真髄かつ茶道の精神を表現した言葉。

ポツポツと綴る、福井在住・Takeuchiによる日常の「ひとりごと」(画像・座右の銘&Blogタイトル由来の龍安寺「知足の蹲踞」)
by Takeuchi
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
最新の記事
画像一覧
記事ランキング
Profile &Blogリンク
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ブログジャンル
幻の一品
d0079440_21121242.jpg

あるアウディ純正パーツを、某オクでハンマープライスしました。
大きな声では言えませんが、あらゆる買い物としては今年2番目の高額です(1番目は新タイヤ4本・修理となるともっと高額があるけど…)。
その落札物が今日、到着しました。
幻の一品」とタイトルをつけるには大げさかも知れない。
しかし私にとっては、本来の値段桁がひとつ多いと聞いたことがあるの約半額で手に入れることができるとは夢にも思えなかったほどの一品なのです。
この前の失敗はありましたが、今回は型式番号入りの写真が明確に出ていましたので確信しての落札でした。
競い合った相手(B6ユーザーらしい)がもし落としていたら、微妙な違いに泣いていたことと思われます。

早速梱包からパーツを取り出して、念のために私のアウディに合うかの確認へ。
勿論、今装着している部品と形は全く同じで問題ありませんでした。
何せ、今装着している部品とは「叩いた時の音」や「肌触り」が全く違う!
出品者が「多少キズ有り」と説明していましたが、気になりませんでした。
このパーツを持っている手が震えてしまって、仕方が無かったです。
来年、100000㎞のオイル交換と同時に、このパーツの交換をしてもらう予定です。
多分、パッと見は誰も気付かないけど、気付いたら驚きのこのパーツ。
もう今から、装着した姿を想像すると楽しみ楽しみ!
by chiketa_net | 2006-12-27 21:35 | Audi & VW
<< 「第七ギョーザの店」 年末の急ピッチ作業 >>