人気ブログランキング |

「吾唯足知」な日々


【吾唯足知】とは…『自らを高めるための弛まぬ努力を続けることは大事なこと、そして志半ばでも自らを振り返って成したことに対し満足するゆとりの心を持つことも大事なこと』…と自己解釈。
本来の意味では…『足ることを知る者は貧しいといえども富めり、足ることを知らない者は富めりといえども貧し』…という仏教の真髄かつ茶道の精神を表現した言葉。

ポツポツと綴る、福井在住・Takeuchiによる日常の「ひとりごと」(画像・座右の銘&Blogタイトル由来の龍安寺「知足の蹲踞」)
by Takeuchi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
最新の記事
画像一覧
記事ランキング
Profile &Blogリンク
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ブログジャンル
揚子江 真竜ラーメン
予定をキャンセルした、3連休の中日。
外は、雪のち暴風時々雨。
ちょっと車を走らせると、道路にはどこからか飛ばされた物があちこちに転がっていて、チト怖いものがある。。
とても、遠出する状況ではありません。
そういった意味では、予定をキャンセルしたのは正解だったのかも知れません。

ふと思いついた、、、「ラーメンを食べに行こう!」。
今年の初ラーメンは、あるFC店のラーメンを既に奢ってもらって食しています。
しかし今日は、自分の食べたいラーメン屋に行きました。
d0079440_17431944.jpg

独りで訪れたのは、福井市内にある「揚子江 真竜ラーメン」。
ここに初めて来たのは10年ほど前だったか、開店して花輪がまだ飾られていたという初期の頃の話です。
それ以来の、2度目の来店。
私が注文したのは塩ベースの真麺(500円)+煮玉子(100円)です。
ここのラーメン屋最大の特徴である春菊がデ~ンと乗っかり、あっさり系のスープと相まって更に「精進料理方向のラーメンか?」と思わせてしまいます。
しかし、食べて見れば分かる!
塩ベースのスープと浸かった麺と春菊は、こってり好きの私も全く問題のない絶妙のバランスで箸が進んでいきました。
ちなみに、普通の塩ラーメン(500円)を注文すると麺は極細の軟らかい麺になりますが、「真麺」を注文するとコシの強い麺となります。
開店当時に食べたっきりですっかり味を忘れかけていたのですが、ここもあっさり系一押しとして薦められますね。

以前お薦めした元祖一条流がんこラーメン雅があっさり系ラーメンの筆頭としましたが、真竜ラーメンはがんこラーメン雅とは違う方向のあっさり系なので、単純に比べるのは難しいです。
ひとつ言えるのは、「どちらも箸が進むラーメン」だということです。
最後に、石川県野々市町にも真竜ラーメンの支店があることをお伝えしておきます。




※追記(2008.7.13)
現在、店は移転しており、同じ福井市内でも坂井市との市境近くに店舗を構えて営業しています。
前の場所の店舗よりも広くなり、しかし味は変わらず美味しいままです!
by chiketa_net | 2007-01-07 18:34 | 食べ物&飲み物
<< 私の隠れ家? インポートカーフェア >>