「吾唯足知」な日々


【吾唯足知】とは…『自らを高めるための弛まぬ努力を続けることは大事なこと、そして志半ばでも自らを振り返って成したことに対し満足するゆとりの心を持つことも大事なこと』…と自己解釈。
本来の意味では…『足ることを知る者は貧しいといえども富めり、足ることを知らない者は富めりといえども貧し』…という仏教の真髄かつ茶道の精神を表現した言葉。

ポツポツと綴る、福井在住・Takeuchiによる日常の「ひとりごと」(画像・座右の銘&Blogタイトル由来の龍安寺「知足の蹲踞」)
by Takeuchi
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
最新の記事
画像一覧
記事ランキング
Profile &Blogリンク
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ブログジャンル
彼女のカレラ My Favorite Carrera (5)
d0079440_20543658.jpg

ちょっと艶っぽい表紙ですが、れっきとした車関係の漫画。
前刊に引き続き、『彼女のカレラ My Favorite Carrera』の5巻(620円)が発刊・購入しました。
話の流れが、ホントいいですねぇ~。
車好きが車を運転していたら、やっぱり運転が上手くなりたいと思う気持ちは本能的なもの。
そのヒントが、やっぱり上手い表現で登場人物に言わせています。
ドライビングテクニックやパワーアップの向上だけが、運転を上手くなる秘訣では決してない。
批判する訳ではないが、「スペック至上主義の国産車ユーザー」には理解できない世界が、欧州輸入車には存在するのです。
もうひとつ、先日お亡くなりになった元F1レーサー、クレイ・レガッツォーニ氏に倣ったエピソードも実によく描けているなと感じました。
レガッツォーニ氏といえば、世界における「スポーツ・バリアフリーカー・ドライバー」のパイオニアとしてあまりにも有名な人。
あまりにもタイミングが良かったので、敬意を表してかと思いきやそうではなかったというのが、唸ってしまう。

今回も、やっぱり「私が唯一読んでいる車関係の漫画」だけあって、お薦めです!
by chiketa_net | 2007-03-29 21:15 | Book・CD・DVD・BD・Film
<< I DISCOVER WEST... 香り漂う春 >>