「吾唯足知」な日々


【吾唯足知】とは…『自らを高めるための弛まぬ努力を続けることは大事なこと、そして志半ばでも自らを振り返って成したことに対し満足するゆとりの心を持つことも大事なこと』…と自己解釈。
本来の意味では…『足ることを知る者は貧しいといえども富めり、足ることを知らない者は富めりといえども貧し』…という仏教の真髄かつ茶道の精神を表現した言葉。

ポツポツと綴る、福井在住・Takeuchiによる日常の「ひとりごと」(画像・座右の銘&Blogタイトル由来の龍安寺「知足の蹲踞」)
by Takeuchi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
最新の記事
画像一覧
記事ランキング
Profile &Blogリンク
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ブログジャンル
Motor Magazine №624 July 2007
d0079440_21573616.jpg

昨日に引き続き、車雑誌です。
Dセグメント」特集をした、今月号のモーターマガジンを買いました。
軽自動車が最も売れる日本とは違い、ヨーロッパでは最も激戦のクラス。
アウディだとA4、プジョーだと407、アルファロメオだと159、、、とマイナー(泣)なモデルを言われても困ってしまうでしょうか。
メルセデスだとC-class、BMWだと3シリーズというポジションです。
かくいう私も、1stカーを購入するとしたらこのクラスの車しか考えません
軽&ミニバン全盛の日本車では絶滅しかかっているクラスなので、ほぼ必然的に欧州車が選択肢になってしまうのは仕方ないところ。
それが「高級車に乗っている」と他人から言われてしまうのは、多くの日本人の価値観が変化してしまっている事実が腑に落ちない。
私から見れば、広くて重くて大きくて維持費がかかる車はそっちなはずなのに…。

まっ、必要&ちょっとの余裕を考えて、私はこの「Dセグメント」を念頭に車選びをしています。
勿論、今のアウディA4を買い替える予定は一切ありません
あくまでも参考にするため、今のDセグの車たちの情報を得ているに過ぎません。
それにしても、幅の広い車が揃ってきているなぁ~。
私の家の前の細い道の曲がり角、通れるんだろうか…。

ちょっとの悩みを抱えながら、今時のDセグの車を見させてもらっています。
[PR]
by chiketa_net | 2007-06-02 22:19 | 自動車関係
<< HP更新しました。 LE VOLANT №364 ... >>