人気ブログランキング |

「吾唯足知」な日々


【吾唯足知】とは…『自らを高めるための弛まぬ努力を続けることは大事なこと、そして志半ばでも自らを振り返って成したことに対し満足するゆとりの心を持つことも大事なこと』…と自己解釈。
本来の意味では…『足ることを知る者は貧しいといえども富めり、足ることを知らない者は富めりといえども貧し』…という仏教の真髄かつ茶道の精神を表現した言葉。

ポツポツと綴る、福井在住・Takeuchiによる日常の「ひとりごと」(画像・座右の銘&Blogタイトル由来の龍安寺「知足の蹲踞」)
by Takeuchi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
最新の記事
画像一覧
記事ランキング
Profile &Blogリンク
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ブログジャンル
念願のXCスキーレッスン
月曜日、年休をいただきました。
「きっと晴れる」ことを期待して、16年来の念願だったクロスカントリースキー(XCスキー)のレッスンを受けるためです。
アルベールビル・オリンピックのノルディックスキー・コンバインドのゴールシーン、荻原選手が日の丸担いでゴールしたシーンを偶然にも生中継で見ることができたことが、XCスキーへの憧れの第一歩でした。
しかし、言い訳にもなりますが、仕事で異動が相次いだことで一から覚えることの繰り返しも相次いだことで多忙の原因となって、ずっと始めるキッカケを掴めることができませんでした。
やるならば、一度しっかりとレッスンを始めてから取り組みたい…。
「自分に力を入れる」ことを誓った今年、年齢的にも始めるならば今がギリギリかと思って、勇気を持ってレッスンを受けることを決意し、新しい挑戦をすることにしました。
但し、北陸にはXCスキーのレッスンをしてくれるところがありません。
では、何所でレッスンを受けたのか…。

【R148を走って、長野県北安曇郡白馬村に入ります】
d0079440_21583678.jpg




【八方尾根をはじめとするスキー場のゲレンデが、陽を浴びて眩しく輝いています】
d0079440_2203060.jpg

【学生スキーのメッカ・白馬岩岳スキー場に到着しました!】
d0079440_2225964.jpg

d0079440_2232125.jpg

【「ホワイトプラザ」の2階に、岩岳スキースクールの受付カウンターがあります】
d0079440_2255863.jpg

【今回レッスンで使用する、私にとって初めてのクラシカル・スタイル用のXCスキー板とストックです】
d0079440_2275754.jpg

【一か八かで年休をこの日に取りましたが、最高の天気になりました】
d0079440_22905.jpg

私にレッスンしていただけたスタッフのI氏はとても気さくな方で、大変分かりやすく教えていただくことができました。
こちらからの疑問・質問にも的確なアドバイスをいただき、また地元ならではの楽しい話や案内など、XCスキー初心者の私をリラックスできる雰囲気を作っていただけました。
それにしても、青空の下、樹木の間のコースを慣れないながらも景色を見ながら歩く気持ちよさは、アルペンスキーとは違った楽しみを知ることになりました。

さて、肝心な私のXCスキー・デビューというと、クラシカル・スタイルの基礎は最後にはしっかりできたと思っています。
ただひとつ、急な下り坂では必ず転倒を繰り返していました。
エッジのないXCスキー板では体重バランスが命なのですが、こればかりは何度もコースを走って経験を重ねるしかなく、これからの私の課題として残りました。
いろいろと都合があって午前の半日レッスンで終わりましたが、I氏からは「今度は1日レッスンでスノーシュー(野山巡り)を案内したいですね!」との言葉をいただきました。
それまでに、私自身の上達に励まなくてはいけませんね。

【岩岳スキー場常設のXCスキーコース。こちらは大会が開催されていなければ無料で使用できる公認コース】
d0079440_22231955.jpg

【帰りの途中で、「道の駅・小谷」内にある『深山の湯』で汗を落として疲れを癒しました】
d0079440_22243029.jpg

何度も転倒しましたが、念願のXCスキーレッスンとあって、とても楽しい時間を過ごすことができました。
新しいことへの挑戦は、高校の部活動に入った頃のことを思い出しました。
この日のレッスンは小さな一歩ですが、しかしスタートラインに立ったことを実感する感動の一歩となりました。
まだまだ競技に出れるレベルではありませんが、まずは自分自身の減量と健康のためにもいい目標ができたと考えています。
時間があれば、何度も県内のXCスキーコースに足を運んで、経験を積み重ねていきたいです。
目途が立ったら、板・靴・ストックの購入かな?
by chiketa_net | 2008-01-28 22:30 | 四季と自然
<< 福井市街の礎 3度目の「焦げ」 >>