「吾唯足知」な日々


【吾唯足知】とは…『自らを高めるための弛まぬ努力を続けることは大事なこと、そして志半ばでも自らを振り返って成したことに対し満足するゆとりの心を持つことも大事なこと』…と自己解釈。
本来の意味では…『足ることを知る者は貧しいといえども富めり、足ることを知らない者は富めりといえども貧し』…という仏教の真髄かつ茶道の精神を表現した言葉。

ポツポツと綴る、福井在住・Takeuchiによる日常の「ひとりごと」(画像・座右の銘&Blogタイトル由来の龍安寺「知足の蹲踞」)
by Takeuchi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
最新の記事
画像一覧
記事ランキング
Profile &Blogリンク
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ブログジャンル
第2回ユーロカップ北陸
昨日訪問したシュポルトさんのお誘いに応じて、昨年に続いてタカスサーキットG-FOXさんと共催される第2回ユーロカップ北陸の観戦に行きました。

【エントリーする方々の受付です。プログラムとゼッケンとタイム計測用のセンサーとを渡します。この後、私も受付を手伝いました】
d0079440_1965254.jpg




【ズラリと並んだ、エントリーカーたち。の欧州車が集まりました】
d0079440_19113795.jpg

【午前中に開催されたレースのエントリーカーが去り、午後の『ユーロカップ』に参戦するエントリーカーがピットに向かいます】
d0079440_19131831.jpg

【ドライバーズミーティングです】
d0079440_19141718.jpg

d0079440_19144355.jpg

【「ファミリー走行」に参加することになりました。正直な話、この時点でドキドキ!】
d0079440_19175752.jpg

初めてのサーキット走行ですが…
「タイムを縮めるためには何をしなければならないのか」ということを、身を持って感じることができました。
機能的にはどノーマルである私のゴルフGT TSIには、固いサスペンションとよりしっかり効くブレーキとさらに路面を掴んでくれるタイヤが必要です。
もうひとつ言うとすれば、エントリーするならば5ナンバーのプジョーやルノーが最適な車かなとも。
ストレートではアクセルを踏むだけのことなのですが、コーナーに進入し曲がって抜けて行くという行為にはサスペンション・ブレーキ・タイヤの3要素がしっかりしていなければならないなぁ~ということなのです。
それにしても、前の車に追いつくためにストレートでは最高100㎞/hまで出しても、コーナーではビビるとかそんなレベルではなく、ノーマル車ではどうしてもスピードをしっかり落とさなければ曲がりきれない(2度ほど「ヤバイ、ダメか?」な気持ちになった)という事実を身を持って体験することができました。
まぁ、私はやっぱり見る側の人間だな、、、っと、改めて思った次第。
走る側の人間になったら泥沼(のめり込む)だな、、、っとも、思った次第。

【ピットの様子です。もし2ndカーが持てたら、、、妄想に出てくるような魅力的な車ばかりでした】
d0079440_19363078.jpg

【タイムトライアルに挑むエントリーカーたち!】
d0079440_19384489.jpg

d0079440_19393619.jpg

d0079440_19401445.jpg

d0079440_19405116.jpg

【赤旗中断の原因となった、コースアウト車のところへ行くマーシャル・カー。エントリーしている選手にとっては、時間が減ってヤキモキしていることと思われ】
d0079440_1942165.jpg

これまでは、単純に「思いっきりサーキットで走ってみたい!」と憧れていたものですが、ファミリー走行とはいえ実際にコースを走ってみると、本当にその目的と勝利のためには情熱とお金がかかるスポーツだと思い知りました。
それでも、チャンスがあればタイムを削るという走りをしてみたいと思ってしまうところは、やはり私は車好きなんだという証なのでしょうか。
あとで多忙なDr.higamax店長から聞いたのですが、「ファミリー走行、『先導車が速過ぎ!』というクレームがエントリー選手から多々出ていましたから、実はTakeuchiさんが遅過ぎという訳では無かったんですよ。それでも、結果的に普段のファミリー走行とは速く走ることができたのは、別の意味で貴重な体験だったと思いますよ」とのこと。
うん、確かに私にとって、大変貴重な体験でした。
Dr.higamax店長、本当にありがとうございました!
________________________________________________________

夕方にコンタクトレンズ購入のための眼科予約があったため、午後3時半頃にサーキットを後にしようとしたときに、見覚えのある派手な車が!
d0079440_195416.jpg

G-FOXさんとお付き合いのあるごろくんが来ていました!
ビッグチェンジ後にごろくんごろくん号に会うのは、今回が初めて。
もちろん、短い時間ながらいろいろ話をして、しっかりイエロー化されたごろくん号を見せてもらいました。
d0079440_19564330.jpg

d0079440_1957465.jpg

いやいや、1年前とはすっかり変わってしまいましたが、これは「直に見なければいけないモンスターだな」というのが、私のファースト・インプレッションでした。
[PR]
by chiketa_net | 2008-06-08 20:00 | 自動車関係
<< view №17 & №12 HP更新しました。 >>