「吾唯足知」な日々


【吾唯足知】とは…『自らを高めるための弛まぬ努力を続けることは大事なこと、そして志半ばでも自らを振り返って成したことに対し満足するゆとりの心を持つことも大事なこと』…と自己解釈。
本来の意味では…『足ることを知る者は貧しいといえども富めり、足ることを知らない者は富めりといえども貧し』…という仏教の真髄かつ茶道の精神を表現した言葉。

ポツポツと綴る、福井在住・Takeuchiによる日常の「ひとりごと」(画像・座右の銘&Blogタイトル由来の龍安寺「知足の蹲踞」)
by Takeuchi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
最新の記事
画像一覧
記事ランキング
Profile &Blogリンク
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ブログジャンル
TSI Trendline
私の担当に用事があったので、あらかじめ連絡した上でディーラーを訪れました。
まぁ用事はあっという間に終わってしまって、あとは雑談でウダウダ。
ん?この週末はフェアしているのでは、、、と思って確認したのだが、やっているんです。
でも、ウダウダできる時間があるというのは、どういうことか?
ちょっと前まで5年間お世話になっていたアウディ・ディーラーでも、確かにここ1年はあまりショールームを訪れるお客の姿はあまり見かけませんでした。
思うに、国産・輸入問わずに自動車販売の相当なる不振を感じずにはいられません。

閑話休題、折角ゴルフTSIトレンドラインが発表され、ショールームで展示されていたので、少し見せてもらいました。
d0079440_1729013.jpg




d0079440_17295557.jpg

d0079440_17302232.jpg

d0079440_1731670.jpg

総排気量は同じ1400ccエンジンでも、GT TSITSIコンフォートラインのような『ターボチャージャー&スーパーチャージャー』ではなく、『シングルターボチャージャー』であり、トランスミッションもDSGといっても先発2グレードが湿式6速に対してトレンドラインは乾式7速(乾式はオイルを使う必要がないので軽い)!

ほとんどベースグレードと言っていいポジションの車に、最新のテクノロジーを与える企業姿勢は、国産メーカーには真似できないと言い切っていいものです。
大抵は、多段トランスミッションは大排気量のハイエンドグレードモデルに真っ先に与えがちですが、本当は小排気量の車にこそ有効な技術だったりします。
ただ、7速もあるとなると、マニュアルモードではなくDレンジ(=ATドライブ)での運転のほうが遥かに燃費が良くなることは、容易に想像できます。
まっ、スポーツモデルではない、1400ccの一般ユーザー向けモデルなのですから、それが普通ですけどね。

もし、国産車だ輸入車だという偏見が無い人がいて、「何か手頃な(HBの)車を紹介して」と言われたら、推薦したい車2つのうちのひとつです。
もうひとつは?別のメーカーの2ドア1400cc車ということをヒントに出しておきましょう。
自動車税が一段安くなるというのは、大変大きなことですしね。
それを考えると、プジョーの現ラインナップにかつてあった1400ccグレードが1007のみしか無いというのは、厳しいなぁ。。。
[PR]
by chiketa_net | 2008-07-06 17:56 | Audi & VW
<< キリ番発見! HP更新しました。 >>