「吾唯足知」な日々


【吾唯足知】とは…『自らを高めるための弛まぬ努力を続けることは大事なこと、そして志半ばでも自らを振り返って成したことに対し満足するゆとりの心を持つことも大事なこと』…と自己解釈。
本来の意味では…『足ることを知る者は貧しいといえども富めり、足ることを知らない者は富めりといえども貧し』…という仏教の真髄かつ茶道の精神を表現した言葉。

ポツポツと綴る、福井在住・Takeuchiによる日常の「ひとりごと」(画像・座右の銘&Blogタイトル由来の龍安寺「知足の蹲踞」)
by Takeuchi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
最新の記事
画像一覧
記事ランキング
Profile &Blogリンク
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ブログジャンル
トワイライトエクスプレス北紀行
実は私、生涯の恩人と言うべき友人が函館に住んでいます。
8年前、心身ともに絶望の淵にいた時に出会ったその人と5年ぶりに再会すべく、年初めから『函館行き』を企画していました。
どうせならば、それにかこつけて色々と念願を叶えていこう!とばかりに、後先考えずに旅行計画を立てたのです。
その結果、5日間に渡る総額64,040円分のJR切符を購入しました。

1日目は、20年来の念願であったトワイライトエクスプレスでの北紀行を果たすことでした。

【始まりはもちろん、福井駅。駅周辺のみの北陸新幹線建設が進みます】
d0079440_20143796.jpg




【トワイライト色に塗装されたEF81が入線、「札幌」の文字に胸が高鳴ります!】
d0079440_21273291.jpg

d0079440_20165998.jpg

【検札もそこそこに、まずはレストランカー「ダイナープレアデス」へ!食堂車で昼食をいただけることができるのは、札幌行きのトワイライトのみ。ビーフシチュー・ランチセットを注文】
d0079440_2021633.jpg

d0079440_20213289.jpg

ダイナープレアデスで会計を済ませているところで、車掌から「福井からのお客さまですね」と声を掛けられて、一緒に私の『部屋』へ向かいました。

【今回、私が切符を取ることができた、B寝台「シングルツイン」。およそ一畳の広さ(狭さ?)に一応2人分のスペースを確保した個室寝台です。「2人でも使用できる1人個室」ですが、2人は厳しいですね。もちろん、1人ではギリギリ十分なスペース】
d0079440_20301496.jpg

d0079440_20303952.jpg

【上から、ルームカードキー、シャワーカード、朝食予約券。いずれも記念に持ち帰ることができます】
d0079440_20335730.jpg

【サロンカー「サロンデュノール」の様子です。トンネルに入ったところでの写真となりました。私は乗車中の大半をここで景色を見ていました】
d0079440_20365376.jpg

【大阪車掌区がサロンデュノールに設置した「沿線案内マップ」のスタンプと色紙。私もスタンプを押しましたが、『青函』と『北の大地』を押し間違えたのは御愛嬌…】
d0079440_20393267.jpg

d0079440_20401134.jpg

【泊駅を過ぎると、車窓がすぐそばの日本海を眺めるようになります。が、ここは『親不知・子不知』。トンネルの連続が一旦途切れると見えるのが、北陸自動車道の橋脚です。沿線の有名どころを、車内放送はひとつひとつ案内していきました】
d0079440_20434689.jpg

d0079440_20445629.jpg

【直江津を過ぎると、徐々に西日が落ちていきます。しかし、この理想的な場所での夕日は時季柄見ることはできず】
d0079440_21273293.jpg

【長岡の手前で新潟平野が開けますが、すでに夕日は沈んでしまっています。弥彦山のシルエットが浮かぶトワイライトタイム】
d0079440_20491634.jpg

【1日目最後にドアが開く、新津駅。もちろん、運転停車は何度かしますけどね】
d0079440_20503391.jpg

【「コースディナー」も「日本海会席御膳」も高価で予約はせず、「プレアデス弁当」を注文する予定でしたが、今日のトワイライトはパックツアーの客が多くて既に売り切れ…。しばらく空腹をごまかすために買った『北海道限定生産バニラアイスクリーム』】
d0079440_20542391.jpg

【2度のディナータイムが終わると、予約不要の「パブタイム」が開始。夜のダイナープレアデスは、昼とは違う妖しく良い雰囲気です。弁当確保ができなかった私は、パブタイムで「北海道ワイン(白)ハーフボトル」「ビーフピラフ」「黄爵いものフライ」をオーダー。ダイナープレアデスでワインを嗜むのも念願のひとつだったので、3年ぶりにまともにアルコールを飲みました】
d0079440_2142910.jpg

d0079440_2127321.jpg

d0079440_2154317.jpg

d0079440_2161369.jpg

【酒田駅に、運転停車中です。当然ながら、ドアは開きません】
d0079440_2172442.jpg

【シングルツインのチェアを、ベッドにセッティングしました】
d0079440_219812.jpg

シャワー室の予約、私は23:30~24:00に確保できました。カードを入れて、6分間のシャワータイム。水量を止めている間は、カウントダウンされません。長い時間滞在しているだけに、このサービスは大変ありがたい】
d0079440_2114945.jpg

d0079440_21143699.jpg

d0079440_21154598.jpg

【日付が変わろうとしている時間の、車内廊下の様子。パッと見はホテルの廊下と変わらない雰囲気があります】
d0079440_21181298.jpg

2日目へつづく…。
[PR]
by chiketa_net | 2008-08-04 21:27 | 鉄道でもぶら~り
<< 函館・前半と竜飛海底駅 フロントフォグランプとバックラ... >>