「吾唯足知」な日々


【吾唯足知】とは…『自らを高めるための弛まぬ努力を続けることは大事なこと、そして志半ばでも自らを振り返って成したことに対し満足するゆとりの心を持つことも大事なこと』…と自己解釈。
本来の意味では…『足ることを知る者は貧しいといえども富めり、足ることを知らない者は富めりといえども貧し』…という仏教の真髄かつ茶道の精神を表現した言葉。

ポツポツと綴る、福井在住・Takeuchiによる日常の「ひとりごと」(画像・座右の銘&Blogタイトル由来の龍安寺「知足の蹲踞」)
by Takeuchi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
最新の記事
画像一覧
記事ランキング
Profile &Blogリンク
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ブログジャンル
中華そば まるせい
今後2ヶ月の私は、ある1日を除いては勉強とトレーニングの毎日になります。
10月中には、昨年同様にBlog投稿を中断することになる予定です。
いつも『「吾唯足知」な日々』を訪れていただけるみなさま、その時には御了承願います。

今週末も勉強漬け、、、のつもりでしたが、急遽午後から姪甥の習い事の付き添いをすることになってしまった…。
迎えに行く途中に昼食となったため、訪れたのは福井市内にあるラーメン店「中華そば まるせい」。
前々から噂を聞いていたラーメン店で、地元雑誌のラーメン特集には出て来ない店とのこと。
取材拒否?なのかどうかは分かりませんが、あらかじめWeb検索して場所は確認していましたので、迷いそうなところにある店にすんなり行くことができました。
d0079440_17571948.jpg

d0079440_20501930.jpg

土曜日も仕事と思しきサラリーマンが客席を占めていた店内で注文したのは、「中華そば(580円)」と「餃子(350円)」。
中華そばは、とてもオーソドックスな醤油ラーメン。
餃子も、焼け具合といい中身といい、いわゆる「ギョウザらしさ」そのまま。
特別変わったところはないのだが、この普遍性がたくさんのお客さんを呼んでいるのでしょうか。
今回私は注文しなかったのですが、お店の人が薦めていたセット(中華そば・餃子・ライス)は別個に注文するよりもお得なお値段だったので、このあたりも人気の秘密なのかもしれませんね。

前々から知っていたのに中々訪れなかったのは、日曜日がお休みであることからでした。
唐揚げも美味しいという話も聞いていますので、今度行った時はそちらを注文してみたいです。
[PR]
by chiketa_net | 2008-09-27 18:10 | 食べ物&飲み物
<< 自分自身へのプレゼント 閑谷学校と赤穂事件の不思議な縁・後編 >>