「吾唯足知」な日々


【吾唯足知】とは…『自らを高めるための弛まぬ努力を続けることは大事なこと、そして志半ばでも自らを振り返って成したことに対し満足するゆとりの心を持つことも大事なこと』…と自己解釈。
本来の意味では…『足ることを知る者は貧しいといえども富めり、足ることを知らない者は富めりといえども貧し』…という仏教の真髄かつ茶道の精神を表現した言葉。

ポツポツと綴る、福井在住・Takeuchiによる日常の「ひとりごと」(画像・座右の銘&Blogタイトル由来の龍安寺「知足の蹲踞」)
by Takeuchi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
最新の記事
画像一覧
記事ランキング
Profile &Blogリンク
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ブログジャンル
1周年記念・呉西SA&道の駅を食べ歩き
フォルクスワーゲンゴルフGT TSIが私の車としてやって来てから、今日で1周年となりました。
でも、既報どおり「手放す方向」です。
決して飽きた訳でない気持ちでそんなことを考えている最中ですが、無事に1周年に迎えて何よりだと思っています。
1周年記念ということではありませんが、せっかくなのでパァーッと出かけたくなるなるのが私の性。
昨日、『高速道路1000円乗り放題』が開始したこともあって、ちょっと天邪鬼なぶら~りをすることにしました。

【ICに向かう最中に、【25000】㎞を表示。1周年にキリ番になるとは!月平均2080㎞以上のハイペースで走っています…】
d0079440_1811371.jpg




尚、今回のキリ番オイル交換ですが、1年点検の時にディーラーが無料で交換済です。

【福井北ICから、北陸道に入ります】
d0079440_1812229.jpg

【手取川を渡ったところにある旧・美川町美川 県一の町の煙突。近く撤去というニュースを耳にしたので、記念撮影】
d0079440_18145844.jpg

【金沢森本ICを過ぎてから、何と雪が舞ってきました。ノーマルタイヤなのに…】
d0079440_1818994.jpg

【「氷見の鰤宿」以来の、「下り・小矢部川SA」に到着】
d0079440_18224987.jpg

【小矢部川SA・北鉄レストランで、氷見牛カレー(1100円)を注文】
d0079440_18291169.jpg

実は「氷見の鰤宿」の時、一緒に行った仲間から「氷見牛カレーって?」というお尋ねがあったことが、今回のぶら~りに繋がったのです。
調べてみると、氷見牛カレーというのはレトルトカレーとして売っているのがそれであって、実際にその名のメニューを食べさせてくれるところはほとんどありません。
で、その名のメニューで唯一提供してくれているのが小矢部川SAの北鉄レストランだったので…。

どうせならば、カレー食べに行くだけでは勿体無いので、前々から気になっていたあの辺りの名物や、Blogリンクを貼っていただいている方々が実際に訪れたところを行ってみようと。
偶然ながら、すべてSAと道の駅が目的地になったので、タイトルどおりの食べ歩きになりました。

【小矢部砺波JCTからは、能越道へ。この道は『1000円乗り放題』の適用外道路のためかどうかは分からないが、とにかくガラガラ…】
d0079440_18441985.jpg

d0079440_184454100.jpg

【料金所が撤去された高岡ICを下りてすぐのところにある、「道の駅 万葉の里 高岡」に到着】
d0079440_18555371.jpg

d0079440_18562317.jpg

【ここの目当ては、『コロッケ消費量日本一』にもなったことのある街・高岡ということで、とにかくビッグサイズな「高岡大仏コロッケ(200円)」をお買い上げ。残り2個でした】
d0079440_1922095.jpg

d0079440_193071.jpg

【しばらくは、高岡市~射水市のR8を走行】
d0079440_191111100.jpg

d0079440_19111991.jpg

【ここも同じく「奇蹟の稜線」以来の「道の駅 カモンパーク新湊」。前回は白エビバーガーを食べました】
d0079440_19232082.jpg

ごろくんが昨年Blogで紹介していた白エビかき揚丼(730円)」。確かにデカイ!でも白エビの感触が歯に伝わるし、ダシもピッタリな味わいで美味しい!!】
d0079440_1936837.jpg

しかし、1時間30分の間にカレーとビッグサイズのコロッケを食べているので、200円安い「ミニ白エビかき揚丼」にしておけば良かったかも…。

【しばらくR472を通ってから、南へ進路をとるべくr11を走ります】
d0079440_1948736.jpg

d0079440_19483414.jpg

d0079440_1949381.jpg

【ちょっとの間だけR156を通って、R471へと進みます】
d0079440_19502740.jpg

d0079440_19505463.jpg

【再び庄川右岸へ渡ると、小牧ダムの横を過ぎます】
d0079440_19545063.jpg

d0079440_1955192.jpg

d0079440_19554765.jpg

【このR471は、一気に標高を駆け上がります!有名な大牧温泉へ行く港や、R156を眼下に進みます】
d0079440_19584589.jpg

d0079440_19591456.jpg

【旧・利賀村の南砺市に入ります。庄川支流の利賀川の谷の、ずっと高いところをR471は通っています】
d0079440_2042841.jpg

d0079440_2051333.jpg

【道路には積雪が無いけど、しかし道が進むほど周りは雪景色で眩しい…】
d0079440_2092842.jpg

d0079440_2095959.jpg

【道の駅が見えてきました!】
d0079440_20143914.jpg

d0079440_20151161.jpg

【「道の駅 利賀(TOGAみどりの一里塚)」に到着。アスファルトの駐車場以外は雪一面です】
d0079440_20214055.jpg

d0079440_20221358.jpg

【窓からの絶景を見ながら、温かい「山菜そば(730円)」を食べました】
d0079440_20262225.jpg

d0079440_2027248.jpg

【R471を利賀方面へ進みます。利賀ダム建設予定地。これだけ標高差のある川と谷なので、良い電源開発地になると思われます】
d0079440_20283537.jpg

【少しずつ、利賀村の家々を見るようになりました。利賀郵便局もR471沿いに。利賀川とR471との標高差が少なくなってきました】
d0079440_20371644.jpg

d0079440_20374918.jpg

d0079440_20381948.jpg

【R471は旧村役場(現・南砺市利賀行政センター)の交差点を左に曲がって八尾方面へ進みますが、私はr34を直進します。この道沿いが、旧利賀村中心部西半分です】
d0079440_204189.jpg

d0079440_20411653.jpg

d0079440_20414791.jpg

ちなみに、利賀村に来たのは8年ぶり。
当時は、スキーに来たり、金沢の仲間とバーベキューしたりで、ここを訪れていました。
そのため、この先の道を知っているのです。

【利賀川とr34の標高差が無くなりました。あれだけの高い谷を走ってきましたが、R471もr34もあまり下っていないので、いかに利賀川が急流かということ!】
d0079440_2048306.jpg

【「そばの郷」という、蕎麦の総合施設です。道の駅でそばを食べたのも、利賀は蕎麦処だからでした】
d0079440_20571815.jpg

【r34から、R156方面へ行く道へと進み、更に標高を上げて行きます】
d0079440_2101496.jpg

d0079440_2104426.jpg

【ずっと辿ってきた利賀川の谷とは別れて、新山の神トンネルへ】
d0079440_2145089.jpg

d0079440_215195.jpg

【トンネルを抜けると、旧・平村。こちらも大変深い谷を、今度はドンドン下って行きます】
d0079440_2184689.jpg

d0079440_2192483.jpg

d0079440_2195887.jpg

【旧・平村のR156、世界遺産・五箇山と庄川沿いの道を通ります】
d0079440_21153736.jpg

d0079440_21162986.jpg

d0079440_2117514.jpg

【世界遺産・五箇山の「菅沼合掌集落」を、R156の歩道から見下ろすことができるのです。駐車場代をケチったためですけどね…】
d0079440_2126135.jpg

d0079440_21263512.jpg

d0079440_21271070.jpg

d0079440_21274565.jpg

【東海北陸道・五箇山ICを通り過ぎて、旧・上平村を走ります】
d0079440_21352189.jpg

d0079440_2136957.jpg

【「道の駅 上平(ささら館)に到着しました!】
d0079440_21443497.jpg

【道の駅の裏側には庄川が流れていて、目の前に落差40メートルの「真背戸の滝」や赤尾ダムが見えます】
d0079440_21503392.jpg

d0079440_2151865.jpg

【ここへ来た理由は、なべぞさんが先月Blogに紹介していた岩魚の店『五箇山 旬菜工房 いわな』の「いわなのにぎり 7貫・お吸い物付き(1050円)を食べること】
d0079440_2273542.jpg

岩魚をにぎり寿司にしたのは、全国でここが初めてです。
注文後にさばいているので、臭みも無い、チョットの甘味がある、珍品に似つかわない良き旨さです。
う~ん、これは独りで食べるのでは寂しい一品だと思ってしまった…。

【五箇山ICから、東海北陸道に入ります】
d0079440_22134947.jpg

最初は、飛騨トンネルを初めて白川村から入って、油坂峠経由で帰ろうと思ったんです。
しかし、上平村でも雪が舞っていたので断念しました。
利賀村でも路面に積雪が無かったけど、、、無理はしないことにしました。

【北陸道「上り・小矢部川SA」で、最後の休憩です】
d0079440_22225016.jpg

【眠気覚まし代わりに、3~5月限定販売の「とちおとめソフト(350円)を食べました。地元産「とちおとめ苺」入りのソフトクリームです】
d0079440_2225411.jpg

約350㎞を約6時間で、呉西のSAと道の駅を食べ歩きました。
いや~、食べて食べてなので、夕食の必要がありませんでしたね。

ハテ、何が天邪鬼なぶら~りなのか?
高速道路で走るだけが、グルメでは無いということです。
高速道路はあくまでも移動の手段、ICを出てからのB級グルメ巡りも、見慣れぬ景色も堪能しながらの観光の王道だと考えるのです。
時速100㎞で見る景色は、戻って見直すことはできない。
時速40㎞で見る景色は、止まって見ることもできる。
ちょっと客観的な私からの提言を、GT TSI1周年で実践してみました。
う~ん、秘境酷道・険道巡りが好きなんだな、、、と思われそうですな。。。
[PR]
by chiketa_net | 2009-03-29 22:35 | 私の車でぶら~り
<< 「明石名物 ひっぱりだこ飯」 なごり積雪 >>