「吾唯足知」な日々


【吾唯足知】とは…『自らを高めるための弛まぬ努力を続けることは大事なこと、そして志半ばでも自らを振り返って成したことに対し満足するゆとりの心を持つことも大事なこと』…と自己解釈。
本来の意味では…『足ることを知る者は貧しいといえども富めり、足ることを知らない者は富めりといえども貧し』…という仏教の真髄かつ茶道の精神を表現した言葉。

ポツポツと綴る、福井在住・Takeuchiによる日常の「ひとりごと」(画像・座右の銘&Blogタイトル由来の龍安寺「知足の蹲踞」)
by Takeuchi
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
最新の記事
画像一覧
記事ランキング
Profile &Blogリンク
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ブログジャンル
2007年 08月 30日 ( 2 )
向こう4か月間のことです。
当エキブロにおける私のBlog『「吾唯足知」な日々』をスタートしてから、早13ヶ月。
奇跡的にも毎日、欠かすことなく投稿を続けて頑張ってきました。
もう、実質的に私のライフワークにもなっています。

しかし…
[PR]
by chiketa_net | 2007-08-30 23:00 | ごあいさつ
レストラン若生軒
d0079440_22114848.jpg

今日も、訳あって夕食は一人で外食です…。
昨日は新規開拓でしたが、今日は久しぶりなところへ。
福井市内にある洋食屋さん「若生軒(わこうけん)」へ。
私の場合、敦賀市民としては「洋食屋さん=うめだ」ですが、福井市民としては「洋食屋さん=若生軒」になるほど好きな洋食レストランです。

私が専門学校に通っていた頃は福井駅東口近くに店を構えていたので、よくボリュームのあるカレーライスや私が個人的に「福井一」と認定しているソースカツ丼をよく食べに行きました。
ここの御夫婦はかつて廃村になってしまった旧大野郡西谷村の出身とお聞きしたことがありますが、屋号も西谷村(現・大野市)にあった下若生子・上若生子(真名川・麻那姫湖の右岸一帯)に由来しているものと思われます。
駐車場がない小さくてとても狭いお店だったのですが、福井駅高架事業による立ち退きの結果、現在のところで立派な店を構えて頑張ってくれています。
かわいい子豚のイラストが店の壁にも描かれているのが特徴です。

久しぶりに来たということで定番のソースかつ丼を…でも良かったのですが、今の店になってからの私のお気に入りメニューを注文しました。
それが、写真の『コンビB(1000円)』です。
絶妙なトマトソースがかかったオムライスに、デミグラスソースがかかった小ぶりのハンバーグ(コンビAだとこれがエビフライ)、フライポテトにサラダがひとつの皿のなかで構成されていて、これが美味しいのなんのって。
食べ出したら、マジでもう止まりません!
写真では先に述べた子豚のイラスト入り箸袋に入った箸が写っていますが、もちろんオムライスとハンバーグはスプーンで食べました。
ちょっといいお値段しますが、私はいつも大満足しています。
今度来た時は、やっぱりソースかつ丼かな?
[PR]
by chiketa_net | 2007-08-30 22:44 | 福井グルメ